(画像引用:http://www.ntv.co.jp/zuno/)

最近、難関大学在籍中の方や高学歴芸能人が出演するクイズ番組が本当に多いですよね!

家族で楽しみながら視聴できるので、私は結構好きだったりします^^

2月2日に放送された「頭脳王2018」も、「どんな勉強をしたらこんな問題が解けるようになるの!?」と驚かされる秀才たちが熾烈な戦いを繰り広げていて、大変見ごたえがありました。

ネット上でも、「出場者みんな、すごすぎる!」、「ちょっと勉強したくらいのレベルじゃ絶対に解けないような問題ばかりだったけど、天才っているんだね」と、出場者の頭脳を称賛する声が多数挙がっていましたが、その一方で、「頭脳王2018はやらせでは!?」という見方もあるようなのです。

一体、どういうことなのでしょうか?

その真相に迫ってみました。

スポンサーリンク?

世間でヤラセだと言われている理由とは

今回の放送を「ヤラセ」とする理由なのですが、まず、「優勝者の力が圧倒的過ぎた」、「計算が必要な問題の解答が導き出されるのが余りにも早すぎる」といったことから、「一部の出場者に対し、事前に出題内容が知らされていたのでは?」という推測が飛び交っているようなんです。

確かに、「こんな難題、解けるわけないでしょ!」というレベルの問題がスラスラ攻略されていますから、そういった意見が出るのも無理からぬ気がしますね^^;

ただこれに対しては、「それは私たち凡人の尺度でしょ」、「計算問題については、以前にも類似の内容が出ていたよ。この問題に限らず、きちんと出題傾向をつかんで対策をしているから、あそこまで答えられるっていうのもあるんじゃないかな」といった反論もなされていて、確かに…と、私は少し納得しちゃいました。

スポンサーリンク?

水上颯さんの削除されたツイートが話題に!

しかし、「ヤラセ疑惑」が大きくなった理由は、上記だけではなかったのです。

実は、「東大医学部のプリンス」「東大医学部の異端児」と呼ばれ、様々なクイズ番組で圧倒的な実力を見せつけている水上 颯さんが、自身のTwitterに投稿した発言が波紋を呼んでいたんですよ!

水上さんのつぶやきは、「うーん… 頭脳王つまんないな 番組作りに『視聴者を騙そう』という意図しか感じられないよ」「去年の時には口を酸っぱくして『フェアにやってくれ』って言ったんだけどな…」という衝撃的な内容だったのですが、このツイートが一瞬にして削除されたことから、「痛いところを突かれた番組側から圧力がかかったのでは?」という見方が広がっているんです。

確かに、実際に番組へ出演したことのある人物から「フェアにやってくれ」という言葉が出るということは…。

今の番組構成は、「公平ではない」ということになりますね^^;

水上さんは開成高校在学中からクイズ番組に出演していましたし、甘いマスクも相まって大人気のクイズ選手ですから、その発言に重みを感じる視聴者も多いことと思います(私もそうです)。

彼が完全なデタラメを言っているとは、少々考えづらいんですよね~。

以上のことから推測するに、出演者たちの実力は確かに本物ですが、演出や制作者サイドの都合により、何らかの「忖度」があったことは否定できないのでは、と思いました。

放送後にネガティブな声が多いとどうしても興ざめしてしまいますから、一クイズファンとしては、多くの視聴者がもっと純粋に楽しめる番組を作ってほしいな~と思います。

スポンサーリンク?