みんな大好き、YouTube!

そんなYouTubeを、ある日突然見ることができなくなった!という悲痛な報告が相次いでいます。

調べてみると、12月13日から急に、「ネットワークに問題が発生しました(410)」というエラーメッセージが表示され、動画が再生されなくなったという人が多数いるようなのです。これは由々しき事態!

ということで、その原因と解決方法・対処方法について調べてみました。

スポンサーリンク?

400番台のエラーってなんなの?

そもそも410エラーとは何ぞやという話なのですが、当然ながらエラーコードにもちゃんとした意味があります。

例えば、404エラーは「そんなページ、見付かりません」という意味。

対して今回の410エラーは、「以前は存在したページだけど、削除されて今はもうないです」っていうことなんですね。

ちなみにこの400番台のエラーが出るときって、基本的にはユーザー側の環境に問題アリであると考えることができるんです。

ということは、使用しているブラウザやアプリに不具合があるのかもしれませんね。
では、思い当たる対処法を試してみましょう。

スポンサーリンク?

410エラーの具体的な解決方法!

まず、この12月13日事件の被害者の方は、多くがAndroidからYouTubeアプリを使って動画を視聴しているようでした。

そこで、ChromeからYouTubeにアクセスしたところ…、見ることができました、問題なく!
これはてっとり早い解決法ですね。

簡単かつ速攻で試せる対処方法と言えるでしょう。

 

しかし、やっぱりアプリの方が使い勝手がいいんだよな~って方もいますよね。

そこで次は、Play StoreからYouTubeアプリをアップデートしてみました。

すると…はい!これも有効みたいです。根本的な解決を考えると、この方法が一番良さそうですね。

アップデートってなかなか面倒くさいし、たまに改悪されちゃうこともあるから、ずっと無視し続けているっていう方は結構多いと思うんですけど。

たまにこんな不具合が起こることもありますから、チェックだけはこまめにしておきたいところです。

OSが最新の状態であるかなども、少し気に掛けておくことをオススメしますよ。

アプリの不具合を解決する1番簡単な方法

さて、以上いずれかの方法で、皆さんの症状は改善しましたでしょうか?

今回は多くの方が同じタイミングで不具合に遭遇したということで、原因が特定しやすかった部分はあるかもしれません。

が、アプリなどの不具合って、急に起こって慌てることもしばしばですよね^^;

そんなときに是非一度試してほしいのは、ズバリ「再起動」だったりします。

単純ですけど、これで解決することは結構多い(笑)バカにできない対応法です。

同様に、キャッシュの削除も王道ながら外せない手段ですね。

 

その他で言うと、通信環境や、そもそもアカウントはちゃんと機能しているのかを確認…といったところでしょうか。

便利で身近なツールほど、不具合を起こした時にはひたすら焦ってしまいますが、落ち着いて対応すれば自己解決できるケースも案外ありますので、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク?