オリンピック、ワールドカップを観戦していてふと思ったのですが、スポーツにおけるフランス代表の選手って、黒人の割合が異常に高いと思いませんか?

フランスは白人国家ですが、チームの写真を見てみると、半数以上の顔ぶれが黒人で占められているようです。

もっと言えば、特に私の目に留まった国がフランスというだけで、欧州代表には少なからぬ黒人選手の姿が見受けられます。

これは、何か背景があってのことなのでしょうか?

スポンサーリンク?

代表選手から見える歴史的な背景

このような状況には、フランスが行っていた「植民地政策」の歴史が深くかかわっています。

支配される側であったアフリカ諸国の人々は、現在においても、かつての「支配国」の言語を話せるケースがほとんどなんですよ。

そのため、「容易に移住できる」という状況が成り立っているわけですね。

これは、他の欧州諸国についても同じことです。

島国に住む私たちにはなかなか理解しづらいですが。

要は、言語の壁がないアフリカ出身の選手たちが移住を行い、黒人の身体能力は元来大変高いことから、新天地にてフランス代表というポジションを勝ち取った…という歴史的な根拠が存在するのです。

スポンサーリンク?

実は近いヨーロッパとアフリカ

欧州諸国とアフリカというと一見全く文化圏の違う場所のように思えるのですが、世界地図を眺めてみるとビックリします。

ヨーロッパとアフリカ大陸って、本当に「目と鼻の先」なんですよ!

特にスペインなんて、ジブラルタル海峡のすぐ下はもうモロッコです。

ですからヨーロッパを旅していても、街には黒人の方たちがかなりたくさんいるんですよね。

前述したような歴史的背景から言語の問題がないため、アフリカから「出稼ぎ」のためにヨーロッパへ渡る人たちも少なくないと聞きました。

サッカーに話を戻しましょう。

今回のフランス代表を見てみると、黒人が多いことはもちろん、私たちから見れば「フランス人」と思える選手も実はドイツ系であったりして、純粋なフランス人はほとんどいないんですよ。

古くは、「フランス最高の選手」と呼ばれたジダンも、アルジェリア移民の息子です。

海という明確な国境を持たない大陸の人々にとっては、「自国」の定義も私たちと少々異なるのかもしれませんね。

ただ、様々に複雑な背景を持つにしろ、その能力の高さによって「代表」を勝ち取った選手たちが在籍するフランス代表の強さは本物です。

今回のロシア大会においても、頂点が狙えるチームとの呼び声が高いですからね!

フランス代表の白人選手とアフリカ系の黒人選手の力が融合した「最強チーム」が、ワールドカップの舞台で大暴れすることは間違いないでしょう。

一方、日本代表に関しては様々な前トラブルもあり厳しい戦いが続くと予想されてはいますが、持てる力を最大限に発揮して、フィジカル・エリートを多数要する国々に立ち向かってほしいと思います!

ロシアW杯の入場曲の原曲名と歌手を紹介!なぜFIFAアンセムではない?
「ワールドカップの入場曲」といえば、多くの方はこちらの音楽を連想するのではないでしょうか。報道番組のスポーツコーナーなどでも頻繁に流されていたため、全くサッ...

ロシアw杯NHK佐藤美希が起用された理由は?アナではなくタレント?
15日から始まったロシアワールドカップですが、例年以上に盛り上がっているようです!今回はロシア開催という事もあり、深夜帯に試合が行われる事が多く、ハイライトで...

NHKワールドカップの代役は中川安奈アナ?佐藤美希は降板?
NHKのロシア・ワールドカップ番組でスタジオキャスターを務めるタレント・佐藤 美希さん(24)について、「番組を降板させられたのでは?」という憶測が広がっています...

大迫半端ないTシャツの肖像権は?中西隆裕さんに許可済み?
6月19日、ロシアワールドカップの日本対コロンビア戦にて、後半戦で勝ち越しのゴールを決めた大迫勇也選手が注目を集めています。そして、SNSやネット上では「大迫半端...

スポンサーリンク?