ネットを利用していると、突然「Win Defender Alert」なる存在から警告を受けるケースが相次いでいるようです。

ウィルス感染を知らせ、電話などの対応を促してくるというのですが、どのように対処すれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク?

「Win Defender Alert」は国際的な詐欺集団!?

「Win Defender Alert」は、さも自分たちがWindows公式のセキュリティー部門であるかのように振る舞い、手持ちのパソコンのウィルス感染を確認したためすぐに対処を…と勧めてくるのですが、その実は国際的な「詐欺集団」であるといわれています。

今回のケースでは、電話を掛けてくるよう指示を出すことがほとんどみたいですね。

ただ、焦って指示に従ってしまうと、電話を通じて遠隔操作が行われ、高額な請求が行われるといった実害につながるそうです。

提示された電話番号が日本のものでも、海外に繋げられ、片言の外国人に対応されたといった報告も上がっていますね。

スポンサーリンク?

同じような詐欺の手口は多数確認されている

同様の詐欺は世界中で頻発しており、「テクニカルサポート詐欺」といった名称で認知されています。

要は、ウィルス感染などをちらつかせながらユーザーに恐怖を与え、不必要なテクニカル サポート・サービスの支払いをするように陥れてくるんですよ;

業界ではかなり有名な手口なので、マイクロソフトなどからも正式に注意喚起が行われていますね。

詐欺集団は、ユーザーがアクセスした Web サイトに偽のエラーメッセージ表示し、サポートの電話番号を表示して連絡させることで、ターゲットへの接触を試みます。

一旦電話が通じてしまえば、詐欺師側は有名なソフトウェア会社の担当者を装い、問題に対する「偽の解決策」を提示した上で、一度限りの料金またはサポート・サービスへのサブスクリプションというかたちで支払いを求めてくるんですよ;

ということで、「Win Defender Alert」に遭遇してしまっても、まともにやり合うことは絶対にNGです!

では、どのような対処法を打つのが正解なのか?ですが、答えは至ってシンプル。

「ページを閉じる」だけでOKです。

言い換えると、無視してしまえば何の問題もないということですね^^;

いきなり公式の警告よろしく、「あなたのパソコンが脅威にさらされています」なんて言われると相当焦ってしまいますが、相手はそこを付け目にあなたを騙そうとしているわけですよ。

ですから、冷静さを欠くことなくスルーするスキルが求められるのです。

なおマイクロソフト側は公式のセキュリティサポートページにて、「電話番号が記載された通知が表示された場合は、電話しないでください。Microsoft のエラーメッセージと警告メッセージに電話番号が記載されていることはありません。」と明言しています!

つまり、「電話番号が表示された通知=詐欺」と判断して差し支えないので、うっかり相手の口車に乗り、支払いや個人情報の提供、提示されたソフトウェアのダウンロード等を行わないよう注意してくださいね。

スポンサーリンク?