占いや小説を無料で自作して遊べるサービス「占いツクール」に絡み、ここのところサイトの様子がおかしいという報告が複数寄せられています。

余りにも多くのユーザーが影響を受けているため「占いツクール自体がウイルスに感染し、危険な状態にあるのでは?」と危惧する声も上がっており、詳しい状況が気に掛かりましたので、リサーチを進めました。



症状には様々なタイプが…!


各種SNSや掲示板等をチェックしてみると、占いツクールで確認されているおかしな症状には様々なタイプがあると判明しました。

一番多く見受けられるのは、画面が勝手に移動してしまうとの報告でしょうか。

そのほかにはウイルス感染を警告する画面が突如として現れ、対策アプリをインストールするよう促されるといったケースも起きていますね。

症状の現れ方にこそ細かい違いはあるものの、ざっくりいって「勝手に他のページへ誘導された上、場合によってはアプリ等をインストールするよう仕向けてくる」という部分では、どれも共通しているように感じました。

いずれにせよ悪意を持った第三者が、ユーザーを陥れようと動いているのでしょう。

スポンサーリンク?

自分でできる対応策は!?

今回の件に関しては、さすがに占いツクールの運営も把握している様子です。

公式のアナウンスに目をとおすと、現在「アップルセキュリティ等の不正な広告ページにリダイレクトされる不具合」が発生している状況だそうですね。

なお不正を働いているのはサイト内の広告に絡む「海外のネットワーク等」らしく、同様の手口が以前から確認されているといいます。

当然、運営としても委託先の広告会社と連携を取りながら対応していくそうですが「現在の技術では防ぐのが難しいというのが実情」とし、ユーザーに向けて自衛を促していますよ。

前提として表示される警告文は偽物であり、ウイルス感染の事実はないということですから、それらしきサイトに移動してもアプリのインストール等は行わないようにしましょう。

不審な広告が表示されて思うように占いツクールを利用できない場合には、一定期間感覚をおいてから再度アクセスするようにとの案内も出ています。

加えて占いツクールの「広告コントロールセンター」を通じ、広告会社をユーザー側で手動にて変更する方法も推奨されていますね。

そしてこの方法はかなり有効らしく、既に対策したユーザーたちから「広告の設定を変えると、快適に利用できる状態に戻った!」との報告が幾つも寄せられていますので、試してみる価値は大いにありそうです。

あと、PCやタブレットでの閲覧は問題無いという報告もあります。

現状で根本的な解決策が提示されていない点は残念ですが、何とかしのぎながら占いツクールを利用することはできるわけですね。

スポンサーリンク?