Twitterのタイムラインに「興味関心に基づくおすすめ」と表示されたフォロー外の投稿が流れてくるようになり、多くのユーザーが戸惑いをみせています。

元の仕様に戻したいとの声も目立つのですが、一連の投稿を非表示にする方法はあるのでしょうか?



ユーザーの反応は賛否両論…

「興味関心に基づくおすすめ」はその名のとおり、Twitter側がユーザーのプロフィールやアクティビティに基づいて個別の興味・関心を推察し、関連性の高いおすすめの投稿を自動で引っ張ってきてくれるサービスです。

一部のユーザーは恩恵があると感じたらしく、

・興味関心に基づくおすすめ、本当に面白い投稿を紹介してくれて良い!なかなか優秀な機能だね

・TLが目新しい情報であふれて、眺めているだけで楽しいよ。なかなか筋の良いチョイスをしてくれているし

・猫の画像がいっぱい流れてくるようになった!可愛くて癒される~

といった肯定的な感想を述べていますね。

ただ「このような機能は不要!」と考えた方の方が圧倒的に多いようで、現在Twitterは、

・これ、完全に改悪じゃん。TLがすぐに埋まっちゃって、ものすごく見づらい。見たい情報は自分で決めるから、勝手なことをしないでほしい

・興味関心に基づくといいつつ、全然知りたくない情報ばかりが流れてくるんだけど。とりあえず、邪魔でしかない目障りな機能

・フォロワーさんの投稿が埋もれてしまって、反応が遅くなっちゃう;タイムラインを遡るのも一苦労だし、いきなり迷惑なことをするの本当にやめて

といった切実な叫びで溢れていますよ;

スポンサーリンク?

非表示の方法を紹介!

さて、「興味関心に基づくおすすめ」に頭を悩ませている方には朗報です。

一連の投稿を非表示にする方法は、ちゃんとあるんですよ^^

まずはタイムライン右上にあるキラキラした星のようなマークをクリックしてください。

こちらから「最新ツイート表示に切り替える」を選んで設定しなおすと、従来の状態に戻すことができます。

この設定を「最新ツイートが投稿順に表示されます」にしてしまうと、フォロワー以外のおすすめ投稿が流れてきてしまうんですよね;

といったわけで、比較的簡単な非表示の方法があると分かり、ひとまず安心しました。

しかしながら「一定の時間アクセスしないと、『ホーム』表示に戻ります」との補足があるので、その都度切り替え作業を行うことが必要にはなるみたいですね…。

余りに苦情が多ければいずれこの点も改善されるかもしれませんが、とりあえずは様子を見ながら、こまめに設定をし直しましょう。

スポンサーリンク?