アマゾン(Amazon)を利用すると、配送業者が「ADP」となるケースがあります。

ADPは「アマゾン・デリバリー・プロバイダ」の略で、「Amazon.co.jpと提携している地域限定の配送業者の総称」なのですが、その中の一つが今回紹介する「TMG」になりますね。

ADP全体の評判が余り良くない点に関しては、当ブログのこちらの記事などでも何度か取り上げました。

そしてTMGもやはり、配送に際して問い合わせが必要な場面が頻繁に起こっていると、もっぱらなんですよ;

ということで今回は何かあった場合のTMG・問い合わせ先について、具体的に押さえておきましょう。



TMGの具体的な連絡先を紹介!

(画像引用:http://www.tmg-group.jp/)

ちなみに、TMGは正式名称を「株式会社T.M.G」という物流会社です。

現状アマゾンとの関り具合をみると、関西地区の配送を多く任されている様子ですね。

ただアマゾン自体がADPの担当領域を拡大してきている感がありますし、TMGも関西限定の企業というわけではないので、今のところTMGには当たっていないという利用者の方も、その連絡先を押さえておいて損はないと考えます!

それでは具体的な連絡方法に話を移しましょう。

まずはTMGの公式サイトに設置された専用フォームから問い合わせを入れるというやり方です。

TMGには「アマゾンに関するお問い合わせ」と称した専用フォームがありますので、ピンポイントでこちらを利用すると良いですね。

なお不在連絡票を受け取って再配達を依頼する際は、お客様お問い合わせ画面の「再配達依頼サービス」というフォームから執り行うことが可能です。

また電話で連絡を取りたい場合には「電話番号:072-634-2425」を利用しましょう。

スポンサーリンク?

解決しないトラブルに直面したら?

というわけで、TMGの個別具体的な連絡先については確認することができました。

しかし残念なことに、TMGの問い合わせ窓口に関しては「対応が投げやりで何の解決にもならない!」「問い合わせに対する迅速な対応がないうえ、その時の担当者によって言うことがコロコロ変わる」「明らかにTMG側のミスで配送トラブルが起きたのに、ごまかそうとしてばかりで謝ろうとしない」などなど、割と良くない評判が付きまとっているんですよね…。

ということで通常では考えられないような問題が起きたときや、TMGとのやり取りではらちが明かないという場合には、アマゾンのホームページにある「カスタマーサービスに連絡」から問い合わせ、案件の大本であるアマゾン側に助けを請う必要があります。

実際、TMGとこじれた案件がアマゾンとのやり取りですぐに解決したという例や、配送業者への教育を徹底することを約束してくれた…といった報告も上がっていますからね!

もちろんTMGが担当する配送のすべてがトラブルに直結するわけではありませんが、何かあった時にはアマゾンを頼るという考え方も心に留めておくとより安心でしょう。

配送業者ADPとは信用出来るの?追跡方法も紹介!
アマゾン(Amazon)等で買い物をすると、商品到着のタイミングが気になって仕方がありません。お届け時には家にいなくちゃ…というスケジュール的な意味合いも当然あるも...

Amazonデリバリープロバイダを回避し避ける方法を紹介!
アマゾン(Amazon)を利用すると、配送業者が「ADP」となっているケースが度々見受けられます。ADPとは「アマゾン・デリバリー・プロバイダ」の略で、「Amazon.co.jpと...

スポンサーリンク?