動画ソーシャルアプリ「Tik Tok」のBGMは、あくまで動画自体の魅力を引き立たせるという役割があるためか、音自体にすごくインパクトがあったり、中毒性のある陽気でキャッチーな歌詞が盛り込まれていたりというケースが多いですよね。

しかしながら中には、しっとりとしたタイプの楽曲も選ばれているのです。

今回私が注目したのは、「幸せはいつも続かない」という何ともせつない歌詞から始まるBGMです。

メロディーはとても美しいのですが、やりきれない気持ちを吐き出したような内容が続く歌詞が載るとどこか寂しく、だからこそ聞き入ってしまいます。

一体この楽曲は、誰の何という作品なのでしょうか?

スポンサーリンク?

元ネタは「Lil Wayne – How To Love」

さて、リサーチを進めたところ、まさに「元ネタ」と言える楽曲に行き着きました。

Lil Wayneによる「How To Love」という作品がそれです。


テンポもゆったりとしており、歌い手の声も、もちろん歌詞も全く違うのですが、メロディーは共通しいますし、曲名にもなっている「How To Love」のキーワードが繰り返し歌われている点からも、こちらが「原曲」として使用されていることは間違いないでしょう。

なお、原曲を手掛けたリル・ウェインはアメリカのラッパーで、「生きている中で最高のラッパー」を自称する実力派です。

全米総合シングルチャートBillboard Hot 100で1位を獲得したこともありますし、2009年の第51回グラミー賞では8部門でノミネートを受け、そのうち4部門を受賞するなど、そのキャリアも凄まじいものがあります。

今回ピックアップした「How To Love」もYouTube上でかなりの再生回数を稼いでおり、まさに世界レベルのスターと言って差し支えないでしょう。

スポンサーリンク?

日本語バージョンと聞き比べてみよう

なおTik Tokで使用された日本語バージョンは、リル・ウェインの原曲に日本語版の歌詞を載せてアレンジを加えたもので、公式に発表された作品ではないようですね。

ただ、こちらにはこちらなりのオリジナリティと良さがあるように思います。

YouTube上にて日本語バージョンの音楽も耳にすることができますので、ぜひチェックしてみてください。

どこまでも物寂しい歌詞がデジタルな雰囲気で歌い上げられていて、こちらもついその世界観に引っ張られてしまいますよね。

原曲ファンの方はいろいろと思うところもあるのかも知れませんが、あくまでも別のバージョンであると割り切って聞き比べてみると良いのではないでしょうか。

日本語版を耳にすることで、原曲の持つメロディーラインの美しさを再認識できるようにも感じます。

個人的には今回の楽曲については、「Tik Tokはこういったタイプの曲もピックアップしてくるんだな」という視点からとても印象に残りました。

もう少し、リル・ウェインバージョンの方も聞き込んでみたいなぁと思います!

TikTok女性ランキング【2018年夏Ver】ファン数順に紹介!
日に日にその知名度・注目度がアップしている動画ソーシャルアプリ「Tik Tok」。正直なところ、最初は「ふ~ん、若い世代のトレンドなんだな」くらいにしか考えていなか...

tiktokでよく使われている曲名一覧を解説付きで紹介!
僕は趣味でYouTubeをよく見るんですが、最近、広告動画でカワイイ女の子が曲に合わせて踊ったり、唇の動きと音声とを連動させるリップシンクって言うんですかね?(人に...

tiktok「キラキラダンス」の原曲の曲名と歌手を紹介!スペイン語の歌?
動画ソーシャルアプリ「Tik Tok」上で人気の「キラキラダンス」がとてもキュートです。動きの大きい振り付けに、ダンスに合わせてキラキラと光る画面上の効果が良い感じ...

tiktok「ホコリよけダンス」の曲名と歌手を紹介!肩を手でなでる振付けが話題に!
動画ソーシャルアプリ「Tik Tok」で流行している、「ホコリよけダンス」をご存知ですか?自身の肩や胸元の辺りを、まるでホコリを払うみたいにサッサッっと手でなでるよ...

スポンサーリンク?