現在Tik Tokのトップページで紹介されている「ロックダンス」という名前のついた楽曲が良い感じです。

軽快なリズムに乗せて聞こえる「ウーイーウアア♪」という不思議な歌詞が何とも魅力的ですよね。

ダンスはなかなか激しいですが、この愉快なBGMに併せるとゴリゴリした感じがうまく中和され、見ている側も肩の力を抜いて楽しむことができます。

こちらの音楽は現在Tik Tokの「人気楽曲」として評判を集めていますが、それ以外にミクチャ(MixChannel)の方でも流行っているらしく、楽曲自体の持つ魅力の大きさが伺えますよね。

ということで今回は、「ロックダンス」BGMの原曲と歌手について紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク?

原曲はDavid Sevilleの「WITCH DOCTOR」

早速ですが、BGMの元ネタは1958年にDavid Sevilleがリリースした「WITCH DOCTOR」という楽曲になります。


1958年て…今からちょうど60年まえですよ^^;

ただこちらの音楽については、ずっと「オリジナルバージョン」のみが歌い継がれてきたわけではありません。

おそらく原曲以上に耳馴染みのあるものが、次に紹介するカバー版だと思います。


こちらのバージョンは店舗用有線放送のチャンネルで扱われているため、聞いたことがあるという方もかなり多いのではないでしょうか。

私自身もバイト先のスーパーで幾度となく耳にしていたので、ちょっと思い入れのある作品なんですよね。

最近でも、ちょっとレトロなアメリカンテイストのレストランや古着屋さんなどで、頻繁に流れていると思います。

スポンサーリンク?

色あせない「WITCH DOCTOR」の魅力

なお「WITCH DOCTOR」はその魅力ゆえに、これまで幾度となくカバーされ、様々なBGMとしても起用され、長年の間多くの人々に親しまれてきました。

オリジナルバージョンもアメリカのビルボードチャートで1位を獲得し100万枚以上を売り上げた大ヒットソングですが、その後は海外版「Dr.マリオ」のCMソングとしても使われたり、この曲のヒットをファンタジーとして描いた映画「アルビン/歌うシマリス3兄弟」が制作されたりと、その人気は時を経るにつれてますます拡大していきました。

楽曲のカバーも各国で行われましたが、デンマークのバンド「Cartoons」によるバージョンは「Dance Dance Revolution」や料理番組「チューボーですよ!」のBGMに起用されたことから、日本での知名度は抜群ですね。

小気味よいリズムと耳に残る歌詞が、ダンスミュージックや視聴者にインパクトを与える必要のある各種BGMとして、とにかく重宝されるのでしょう。

ちなみに私は長年、サビで歌われる「ウーイーウアア」の意味が理解できなかったため、これを機に歌の内容についても調べてみました!

するとこの歌のストーリーは、恋をしている男が「Witch Doctor」にアドバイスを求めたところ、「ウーイーウーアッアッ!ティーンターン!ワラワラビンビン!(Ooo eee, ooo ah ah, ting tang/Walla walla, bing bang)」という返答を得たというものなんだそうですが、結局はっきりとは内容を把握できませんでしたね(笑)

歌詞の響きをひたすら重視した楽曲だということかな?

ともあれ60年もの歳月を生き抜いてきた音楽ですから、これから先もずっと、人々の心をつかみ続けていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク?