話題の動画共有アプリTik Tok。

投稿できる動画の長さは基本的に15秒なのですが、それより長い60秒版の撮影も可能であるとご存知でしたか?

ただ60秒動画は誰でも撮影できるわけではなく、一定の条件を満たしたユーザーのみが楽しめる機能なのです!

気になる条件とは、一体どのような内容なのでしょう?

基準を満たした場合の具体的な動画作成の手順も含め、端的にまとめました。



60秒動画の基準はフォロワー数?

実をいうと60秒動画の作成が可能となる具体的な条件の内容は、明らかになっておりません。

ただTik Tokサイドが定めた一定の基準を満たすと「おめでとうございます!60秒動画を撮影出来るようになりました!」とのシステム通知が届き、60秒動画の作成機能が追加される仕組みになっていますね。

この通知を受け取ったユーザーの状況から、条件の内容を推し量ることはできそうです。

当初、60秒動画の基準は「フォロワー1,000人を達成すること」といわれていました。

日本に先立って同機能が採用された中国において、こちらのフォロワー数が基準になったとの話が出回ったためです。

ただし現在は、それより少なく「フォロワー500人を達成すること」が条件という見方もありますよ。

実際、フォロワー数が1,000人に満たないのに通知が届いたという報告もチラホラ見受けられます。

加えて別の角度から「フォロワー数に限らず、たくさんのいいねを獲得すること」が条件ではないかと指摘する声も出ています!

フォロワー数といいね、双方で判断されている可能性も考えられるでしょう。

スポンサーリンク?

60秒動画・撮影の手順は?

(画像引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20181115-00104257/)

いずれにせよTik Tokから通知を受け取ったユーザーは、公式に一定の「人気」を認められた存在といえそうですね!

これは一つのステイタスにもなるとも考えます^^

それでは60秒動画が撮影可能となった場合、どういった手順で作成を進めるかという点に話を移しましょう。

まずは画面下部中央にある撮影ボタンの「+」を押してください。

続いて画面右端に並ぶアイコンの一番下に設置された「… その他」を選びます。

すると次の画面右上にカメラのイラストで「長さ」というボタンが現れるので、クリックしてみましょう。

この部分から、動画の長さを変更することができます。

変更が完了すると、画面中央に「60秒モードへ切り替えました」という表示が出てくるので、確認してくださいね^^

以上で変更手続きはOKです!

せっかくですから、さっそく通常よりも長い動画を撮ってみましょう。

一部には「Tik Tokは15秒という手軽さが良いのに。60秒は長すぎる」という声も上がっているものの、「たくさんのフォロワーを抱える人気Tik Tokerの動画なら、60秒でも見てみたい!」という反応もありますので、とりあえずは試してみたいですよね。

スポンサーリンク?