現在、スルガ銀行の口座から預金を下ろす人が続出しているという噂が、まことしやかに囁かれています。

このままいけば倒産の可能性も否定できないとの危惧も高まっているようですが、現状においてそういった可能性はどの程度考えられるのでしょうか?

口座を持っている場合はどのように対処すべきなのか、世間の反応を調べました。

スポンサーリンク?

不正融資の代償はあまりにも大きかった!

(画像引用:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-22/PDU6KT6JTSE801)

まずはスルガ銀行がこのような危機に陥った経緯について、改めて整理しておきましょう。

スルガ銀行は静岡県沼津市に本店を置く中堅の地銀で、高収益経営を行っていることから「地方銀行の優等生」として注目される存在でした。

しかしその裏では、大規模な「不正融資」に手を染めていたのです。

老後への不安を抱えたサラリーマンらに対し、「自己資金がなくても大丈夫」などと謳い投資を呼びかけたシェアハウス会社「スマートデイズ」の倒産に絡み、所有者向け融資において「相当数」の行員が書類改ざんなどの不正を認識の上、加担していたことが発覚したんですよ;

従来であれば年収数百万円の会社員に1棟が1億円もする物件を購入することなど到底不可能ですが、不動産会社の片棒を担いだスルガ銀行が不正融資を行ったことでシェアハウスのオーナーになり、スマートデイズ倒産と共に巨額の借金を背負った被害者がたくさん出現したのです!

ことの重大さと悪質な手口にスルガ銀行の信頼は失墜し、それに伴い株価も大暴落するという事態にまで発展したのでした。

スポンサーリンク?

倒産にまで至る可能性は低そうだが…?

このような事態を受け、スルガ銀行に口座を持つ人たちは大慌てしているようです。

経営破綻の可能性も考え、別の銀行にお金を移す利用者もかなり出ているようですね。

しかしながら多くの専門家たちは、「このままスルガ銀行が倒産する可能性はそう高くない」との見方を示しています。

前述のようにスルガ銀行自体はもともと地力のある会社なので、今回の事態も何とか乗り切れるだろうという予想なのだとか。

しかしながら「倒産はしないにしても、このような不正を行う銀行に大切な資産をこれ以上預けていたくない!」という人たちも出ているようですので、今後も信頼回復が叶わず顧客離れが進むようだと、「最悪の事態」を迎えることも十分に考えられます。

引き続きスルガ銀行サイドが不誠実な態度を見せたり、第2・第3の悪事が発覚したりすれば、その危険性は更に高まっていくでしょう。

目先の数字や利益ばかりを追い、許されない行為に走ってしまった当然の報いなのかもしれませんが、その結果は余りにも重大なものとなってしまいましたね。

これ以上、一連の騒動を受けて新たな被害者が出ないように願うばかりです。

また口座を保有されている方については余り事態を楽観視しすぎず、今後も経過を注視しておく必要があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク?