楽天チケットでクレジットカード決済エラー!決済に失敗しましたの原因は?

楽天チケットにて、「決済に失敗しました。カードや内容を確認の上再度お試しください。」クレジットカードが使えない、3Dセキュア認証に失敗するなどの決済エラーが発生する事があるようです。

今回は楽天チケットのクレジットカード決済ができないエラー・不具合について対処方法や解決策などを調べてみました。

楽天チケットのクレジットカード決済エラー原因は?

とりあえず、楽天チケットのエラーページをチェックしてみると、クレジットカード決済がエラーになる場合の対処方法について、「楽天チケットではエラー原因がわかりません。カード会社へご確認をお願いいたします」との案内が掲載されていました^^;

内容としては理解できますが、これでは余りにもざっくりしているので、一般的なクレジットカード決済エラー時の原因・解決策について、情報を押さえておきましょう。

まず考えられるのは、お手持ちのクレジットカード自体が不具合の原因になっているケースです。

例えば、該当のサイトに対応していないクレジットカードの利用や、カードの有効期限切れ。

番号の入力ミス(情報番号、セキュリティーコードなど)が不具合につながっていることも、意外とありますね。

加えて、クレジットカードの上限(利用可能枠)を超えている場合や、何らかの理由によってクレジットカードが利用停止中という可能性も考えられるでしょう。

そういったわけで、クレジットカードそのものに問題がないか、またクレジットカード関連に限らず入力ミスなどはないか、今一度確認してみてください。

その他には、推奨環境以外での決済や、サイト側の通信エラー、メンテナンスなどが不具合を引き起こしているケースもあるので、しばらく経ってから再試行してみるというのも一案です。

楽天チケットで「決済に失敗しました」が出る原因は3Dセキュア?

(画像引用:https://ticket.rakuten.co.jp/)

ちなみに楽天チケットは、カード支払に関して、本人認証サービスを採用しています。

本人認証サービス(3Dセキュア)とは、インターネット上でのクレジットカード決済をより安全に行うために、VISA、MasterCard、JCBが推奨するサービスのこと。

クレジットカード各社のサイトにてカードに対応するパスワードを登録の上、ご使用の際にはそのパスワードを使ってお買い物をする流れです。

この本人認証サービスを使うことにより、カード番号の不正利用による被害を防ぐことができるのですが、同サービスが不具合の原因となっていることも…。

本人認証サービス(3Dセキュア)の失敗に関しては、大きく分けて3つの原因が考えられます。

1つ目は、本人認証サービス(3Dセキュア)用の申し込みがなされていないこと。

3Dセキュアは、クレジットカード発行会社によって申し込みが必要な場合があるため、ご利用のカード会社まで、直接確認を入れてください。

2つ目は、本人認証サービス(3Dセキュア)のパスワードを間違えていること。

クレジットカード発行会社に登録したパスワードが間違っている場合には、当然ながら、決済を完了できません。

前述のとおり、パスワードの登録はクレジットカード各社のサイトにて実施するため、パスワードが不明な場合には、ご利用のカード会社に問い合わせましょう。

3つ目は、本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していないカードを選択していること。

そもそも、3Dセキュアに対応していないカードを登録している場合、決済が完了しないケースがあります。

お手持ちのクレジットカードが本人認証サービス(3Dセキュア)に対応しているか否かも、やはりクレジットカード発行会社へ問い合わせてください。

以上、クレジットカード決済エラー時の参考になれば幸いです^^

この記事へのコメント一覧

この記事へのコメントはありません。

あなたのコメントをどうぞ!