優勝賞金500万円を目指し、ひとり芸で誰が一番おもしろいかを決定する「R-1ぐらんぷり」。

2018年は、ほぼ全盲の漫談家「濱田祐太郎」さんが、3,795人の頂点に立って幕を閉じました。

さて、今回はこのR-1ぐらんぷりについて、結果とは違う切り口から注目してみたいと思います。

なんでも、女性ピン芸人の「ゆりやんレトリィバァ」さんが決勝で流した楽曲が、「誰の何という曲なのか?」と話題になっているようなのです^^

彼女は特技のダンスを取り入れたネタを得意としますから、バックで流れる音楽も当然重要な役割を担いますし、必然的に視聴者の注目も集まります。

ということで今回は、ゆりやんレトリィバァさんが決勝で流した楽曲について、詳しく紹介していきますよ♪

スポンサーリンク?

曲はDavid Guetta ft Justin Bieberの「2U」

結論からお伝えすることになりますが、今回話題になっている曲はこちらになります。

David Guetta ft Justin Bieber(デヴィッド・ゲッタ フィーチャリング ジャスティン・ビーバー) による「2U」という楽曲なんです。

デヴィッド・ゲッタは、フランスはパリ出身のDJであり、音楽プロデューサーです。

50歳というベテランなのですが、とっても素敵なオジサマなんですよ^^

そのキャリアは輝かしいもので、今回迎えたジャスティン・ビーバーの他にも、ファーギー・LMFAO・エイコン・ニーヨといったそうそうたるメンバーをフィーチャーしてきました。

もともとのジャンルはハウス・ミュージックなのですが、最近はポップやヒップホップにまで活躍の場を広げ、リアーナやカイリー・ミノーグ、マドンナといった超大物らと共演しています。

ハウスって流行り廃りの激しいジャンルだと思うんですけど、ずっと第一線にいるというのはすごいですね。

スポンサーリンク?

実は元YouTuberだったジャスティン・ビーバー

一方のジャスティン・ビーバーも有名ですよね~!

一時期はソフトバンクのCMに出演してその美声を披露していましたから、日本での知名度も抜群だと思います。

彼についてはデビュー時には本当に可愛らしい好青年って感じだったのに、その後すっかりお騒がせセレブとなってやたらとアンチも増えましたが、今回の楽曲で改めてその歌声を耳にし、やっぱり才能のある人だな~と感じました。

ちなみに余り知られてないですが、ジャスティン・ビーバーはYouTubeでの歌手活動がきっかけで世界的なブレイクを果たしたんですよ。

余りにもスケールの大きいYouTuberって感じですね。

ということで、ゆりやんレトリィバァ使用のBGM曲は、世界的な大物2人が組んだ贅沢な楽曲であることが分かりました。

彼女は関西大学出身で英語も堪能だということですから、自身のお気に入り洋楽曲を積極的にネタへ取り入れているのかもしれませんね。

今後も注目度の高い良曲がピックアップされる可能性大だと思いますので、ネタだけでなく使用されるBGMにもアンテナを張っておきたいと思います!

スポンサーリンク?