ここ数日、定番のギャラリーアプリ・QuickPicにおいて「動画再生ができなくなってしまった」との報告が相次いでいます。

写真はタップすれば正常に開くものの、動画だけが何の反応も示さないそうですね。

利用者が多い分、その影響も大きくなっている模様ですが、何か解決方法はあるのでしょうか?



原因はバージョンアップだった!?

(画像引用:https://quickpic.jp.uptodown.com/android)

状況を整理すると、今回の不具合は「少し前まで何の問題もなく動画を閲覧できた」というユーザーの間でも起こっており、同様のケースが幾つも確認されていることから、個人の利用環境等に起因するものではないようです。

それゆえ再起動やアプリの再インストール等の策を講じても、何ら事態は変わらないことが報告されていますね。

更にリサーチを進めたところ、どうやら一連のトラブルは「バージョンアップ」を発端として起こったと判明しました。

具体的にいえば、バージョン5.0以上の状態で動画が再生されない模様です。

よって、どうしてもQuickPicで動画を見たいという場合には、一旦手持ちのバージョンをアンインストールし、あえて古いものに入れ替えるしかありません。

とはいえストア以外からのインストールを自己責任で実施することになりますし、何となくモヤっとする解決方法ではありますね…。

スポンサーリンク?

類似のアプリを入手するのも一案!

(画像引用:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.fstop.photo&hl=ja)

なお個人的な意見をいえば、そもそもQuickPicにそれ程固執しなくても良いんじゃないかな~?という感じはしています。

繰り返しになりますが、今回の不具合はQuickPicのバグのようなものなので、閲覧しようとしている動画や個人の環境には何ら問題がないんですよね。

それならば、サクっと他の類似アプリに乗り換えるのも一案かと思うんです。

確かにQuickPicはお馴染みのアプリですし、当初は「読み込みが速い」「とにかく使い勝手が良い」と評判を呼びましたが、2015年ごろに中国の「Cheetah Mobile」という企業に買収されてからは、余り良くない噂も流れていました。

「インストールしたアプリから中国のサーバーへ向けて、不審な通信が確認されている」等、セキュリティ面での不安が頻繁に指摘されるようになったんですよね…。

それに加えて今回のような不具合まで起きたとあっては、必ず手元に置きたい優秀なアプリとは言いづらい気がします。

そのような状況において、QuickPicの代替アプリとして多くのユーザーが選んでいるのが「F-Stop Media Gallery」です。

基本的にはQuickPicと非常に似た機能を有し、シンプルなデザインでとても使いやすいと評判なんですよ^^

もちろん、無料版もあります。

F-Stop Galleryのダウンロードはコチラ(Google Play)

「この機会に脱・QuickPicした!」との報告も既に確認されておりますので、絶対にQuickPicでなければ困るという方以外は、他のアプリを当たってみても良いかも知れませんね。

スポンサーリンク?