「プルダックポックンミョン」をご存知ですか?

こちらは韓国発・激辛インスタント麺の名称で、激辛グルメ好きを中心に、日本においても人気が高まってきているんですよ^^

「辛いを通り越して、痛い」との評判も流れており、話のネタとしても一度食してみたいところですが、同製品はどこで入手可能なのでしょう。

簡単に調理できるのかも含め、リサーチを進めました。



日本国内でも入手可能…?

調べてみたところ、プルダックポックンミョンは韓国においてはかなりメジャーな商品のようですね!

現地の普通のスーパーでも、簡単にゲットできるといいます。

一方日本国内ではそこまで普及が進んでおらず、韓国製品を扱う専用のマーケット等を訪れないと、入手は難しい模様です。

とはいえ東京・新大久保や大阪・鶴橋といったコリアタウンには取扱店が複数ありますので、チェックしてみると良いでしょう。

また最近では海外食材の一つとして、カルディで販売されていることもあります。

サクっと確実にゲットしたいという方は、ネット通販を利用するのも一案ですね。

韓国製品専門のサイトのみならず、Amazon、楽天、ヤフーショッピングといった大手でも軒並みラインナップがありますから、確認してみてください^^

スポンサーリンク?

気になる調理方法を紹介!

プルダックポックンミョンにはカップタイプと袋麺タイプがあります。

いずれにせよお手軽なインスタント麺であることに変わりないですから、調理方法は至ってシンプルですよ^^

基本的には「お湯で温める→湯切りをする→付属の調味料で味付けをする」という3ステップで完成です。

ただ一点だけ注意すべき点は、プルダックポックンミョンは「炒め麺」なんですよ!

ラーメンというよりは焼きそばに近く、日本のインスタント麺で例えるとUFOのように、お湯を捨てたのち「汁なし麺」として楽しむメニューになるんですね。

しかしながらパッケージが韓国語表記ということもあり、その辺を理解しないままお湯と調味料を一気に投入してしまうミスが続出しているようですので、手順をしっかり反芻してから調理に取り掛かって下さい^^;

ちなみに「作ったは良いものの、実際口にすると辛すぎて食べられない」とうい方も多いようですが、その際にはマヨネーズやチーズをプラスすると良いですよ。

かなり味がマイルドになり、辛さが緩和されます。

また個人的には、付属の調味料の量を減らすという手もオススメです。

余り極端に減らすと製品本来のうまみが半減してしまうものの、微量を調節する分には問題ありませんので、味見しながら自分好みのラインを見極めてみてください。

とりあえずプルダックポックンミョンは本当に危険なほどの辛さですので(笑)、一口目は一気に口に入れることを避け、少しずつ食べ始めるのが賢明だと思います。

スポンサーリンク?