「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール(ポケモンDP)」にて没ポケモンが発見されたと話題です。

没ポケモンとは文字どおり製作途中でボツ(不採用)になったポケモンのことであり、本来製品版には登場しないはずなんですよ。

その没ポケモンの一種に「裏技」を駆使すれば遭遇できると判明したそうで、多くのファンが色めき立っていますね!

しかしながら、没ポケモン発見の第一報からほとんど間髪を開けず「裏技の話はガセネタだった」との話も流れているようです。

これは一体どういうことなのでしょうか。



具体的な没ポケモンの情報

とりあえず詳細を知りたいとリサーチを始めたのですが、没ポケモンに絡んだ情報はかなり具体的で、ガセネタという印象は受けませんでした。

まず、今回話題になっているポケモンの名は「フーレン」というようです。

既にその姿も出回っているのですが、なかなか秀逸なキャラクターデザインで、ポケモンファンが興奮するのも頷けますね。

更には、フーレンと遭遇するための裏技についてゲーム画面を示しながら解説する動画も登場しており、「やっぱり、本当の話だったんだ!」と思ったんですよ。

スポンサーリンク?

ガチすぎるエイプリルフールネタだった!?

しかしながら、結論をお伝えしますと、「フーレン発見の情報はガセネタ」でした。

どのような手段を使っても、ゲットすることはできません!

いやいや、ゲーム画面まで出回っているのにウソはないだろうといいたくなりますが、この映像そのものが偽物だったんです;

裏技にまつわる動画を投稿したYouTuber・鈴木 けんぞうさんが今回のネタの仕掛け人で、何とこの方がドット絵等を作成し、フーレンという架空のポケモンの評判を流していたんですよ。

キャラデザは以前実施されたオリジナルポケモンコンテストの作品からアイデアを拝借したようですね。

では、何が目的でこのような情報を発信したのかということですが「エイプリルフール」用のネタだそうです^^;

いやいや、余りに手が込んでいるのと、情報の流れたタイミングが少々フライング気味の3月31日だったこともあって、すっかり騙されてしまいました。

私以外の多くの方も、動画のクオリティが余りにも高かったため「ガセネタとは考えもしなかった」と語っていますね。

なお評判の動画については半年ほど前から制作を進めていたそうです。

エイプリルフールのためだけに、ですよ!

もともと今回のネタを思い付いたきっかけは、鈴木さんの「こんなポケモンがいたら良いな」というシンプルな思いだったといいますが、それがこれほどの騒ぎになるとは、彼自身もどこまで予想できていたのでしょうか?

近年、企業レベルでガチすぎるエイプリルフールネタが仕込まれることはそうめずらしくなくなってきましたが、一個人がこれほどのことをやってのけるとは、その技術と情熱に感服です^^;

スポンサーリンク?