ここ数日、複数の人気YouTuberたちのファンから「推しが知らないうちに炎上しているけど、全く経緯が分からない」との声が噴出しています。

確かに影響力の大きいYouTuberが同時多発的に炎上している模様ですが、何があったというのでしょう?



レぺゼン地球も大炎上中!?

炎上といえば、人気DJグループ兼YouTuberグループ「レペゼン地球」のメンバー・DJ社長が、自身の事務所に所属するタレント・ジャスミンゆまと共にセクハラ・パワハラの虚偽告発によるプロモーションを展開したとして、相当な大問題になっていますね。

7月17日にジャスミンゆまが自身のツイッターを通じ、DJ社長からセクハラ・パワハラを受けていると投稿した際には「同じ女性として本当に胸が痛い。よく勇気を出して告発したね」「私もハラスメントの被害者だから、ゆまさんの今後を応援します!」という激励の声が相次いだものの、ほどなく告発自体が新曲をPRするための「虚偽」であったことが分かり、コラボしたマキシマムザホルモンも含めて収拾がつかないほどの非難を浴びている状況です。

もとより「炎上商法」を狙ったアクションだったとはいえ、さすがにネタにした内容が不謹慎すぎるとして、各方面から怒りの声が上がっています。

ただ一部のファンは「さすが社長!こんなことを思い付いて実際にやってしまうとは、天才としか言いようがない」などとして、改めてレぺゼンの破天荒ぶりに熱狂している様子なんですよ;

スポンサーリンク?

炎上案件への「反応」がまずかった!

レぺゼンの行動に良い意味で衝撃を受けたのは、一般のファンばかりではありませんでした。

例えばYouTuberとしてより彼らと近い立場にある「えみりん」「よきき」などは、「鳥肌が止まらない」という表現を使って今回の炎上商法を称賛しましたね。

「くつざわ」もやはり、「クリエイターという枠に収まりきらないこのデカさ、すげえな。ほんとに」として、社長の行動に驚嘆の意を表しました。

「大関 れいか」などはストレートに「爆笑した」とコメントし、すっかり騙されたことに痛快な面白さを感じた模様です。

ただ大本となるレぺゼンの炎上が余りに大きかったこともあり、彼らに同調したYouTuberたちも「こんな炎上商法に賛同するなんて、見損なった!」として、次々と叩かれる事態に発展していったんですよ;

その後、投稿を消す・釈明をするなどそれぞれの対応策が講じられましたが、完全な鎮火に至ることは相当難しそうですね。

ファンゆえにまっとうな忠告を行ったユーザーが一方的にブロックされるなど、まずいアクションを起こして更に炎上が広がるケースも発生しています。

なお途中から騒ぎの様子を見た「○○は好きだけど、レぺゼン自体に興味はない」というタイプのファンは、事の成り行きが分からないまま推しが叩かれている状況がうまく呑み込めず、混乱に陥っている様子ですよ;

「実際に行動を起こしたのはレぺゼンなのに、どうして○○が同じレベルでたたかれないといけないの?」との声も上がっていますね。

ただそれほどまでに、今回の炎上商法を「許せない」と感じた方が多かったということでしょう…。

スポンサーリンク?