来たる8月30日より公開される、クエンティン・タランティーノ監督の新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題:Once Upon a Time in Hollywood)」への期待が止まりません。

「タランティーノ最高傑作」という評価だけでも胸が高まるのに、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが共演を果たすなんて、ちょっと豪華すぎやしませんか!?

実際に起こったチャールズ・マンソンによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に繰り広げられる本作は、既に7月26日より全米で公開されており、タランティーノ作品最高のオープニング成績を収めています。

日本での期待もいやがうえにも高まっている状況ですが、予告映像を見たファンたちからは「映像はもちろんだが、予告篇で流れる音楽のセンスが良すぎる!」との声も上がっているんですよ^^

予告のBGMは幾つかの音楽で構成されており、それぞれの詳細が知りたいという希望も寄せられていましたので、今回の記事では各楽曲の情報をまとめてお伝えしたいと思います。



「予告1」で流れる楽曲を紹介!

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に絡んでは、2種の予告映像が公開されています。

各々で流れる音楽も違いますので、「予告1」で確認できる楽曲から順に押さえていきましょう。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告1の動画(YouTube)はコチラ

まず映像の開始地点(0:00~)で流れるのは、The Mamas & The Papas(ママス&パパス)の「Straight Shooter」という作品になります。
The Mamas & The Papas – Straight Shooter の動画(YouTube)はコチラ

続く0:33あたりから聞こえてくるのは、Paul Revere & The Raiders「Good Thing」ですね。
Paul Revere & The Raiders – Good Thingの動画(YouTube)はコチラ

動画の中盤・1:13あたりにはNeil Diamond「Brother Love’s Travelling Salvation Show」が織り込まれています。
Neil Diamond – Brother Love’s Travelling Salvation Showの動画(YouTube)はコチラ

予告映像を流し見る限りでは全く違和感を覚えませんが、3曲のバラエティに富んだ別個の音楽を一挙詰め込んでいるかたちなんですね!

スポンサーリンク?

「予告2」で流れる楽曲を紹介!

「予告2」の映像にも、やはり気分の盛り上がるBGMが採用されています。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告2の動画(YouTube)はコチラ

こちらの動画で流れているのは1曲のみで、Los Bravos「Bring A Little Lovin」という作品になりますよ。

Los Bravos – Bring A Little Lovin の動画(YouTube)はコチラ

ちなみにYouTube上にて各楽曲のコメント欄をチェックしてみると、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドでこちらの曲を耳にして気になり、動画までたどり着いた」という方が数多く見受けられました。

やはり注目度の高い映画だけあって、ピックアップされた音楽への関心もかなり集まっている様子です。

「映画も良いけど、サントラも併せて絶対に買う!」といった声も上がっていましたよ^^

とにもかくにも様々な面から注目の映画、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。

日本で楽しめるのはもう少し先になりますが、今から待ちきれないですね。

スポンサーリンク?