元AKB48の奥 真奈美さん(23)が日本テレビ「女が女に怒る夜~令和一発目の愚痴祭りSP」にて、AKB48時代の経験から「アイドルの怖い裏側」を暴露し注目を集めています。

自身に悪意を以って接してきたメンバーを、匿名ながら「しじみみたいな目してる」とディスり、スタジオの面々を大いに沸かせていましたね^^;

そんな奥さん本人はといえば、いまだに「AKB歴代メンバー最強クラス」と称されるほどの美少女です。

とはいえ顔面偏差値と人気が必ずしも一致しないことで知られるAKB界隈。

グループ在籍時における奥さんの人気は、一体どの程度だったのでしょう?



総選挙でのランクイン経験は?

奥さんはAKB48追加メンバー(2期生)オーディションに合格し、新設された初代チームKの一人として劇場公演デビューを果たしました。

48グループにおいて史上最年少となる10歳131日でのお披露目でしたし、イタリア人とのハーフであることから「世界標準の超絶ビューティフェイス」と称され、早い段階でかなり注目されていた印象です。

グループ内で絶大なる影響力を誇った篠田 麻里子さんに気に入られ、デビューの翌年にはシングル表題曲の選抜メンバーにも選ばれるなど、運営サイドからも目を掛けられていました。

しかしながら実際の人気面でいえば、奥さんは期待を集めた割に伸び悩んだといって良いでしょう。

参加した第1回と第2回の総選挙においてもランクインすることはかなわず、どちらかといえば「不人気メンバー」との認識でしたね。

スポンサーリンク?

「塩対応」が不評を買った!?

「素材は一級品だったのに、どうして奥 真奈美は不人気に終わったのか?」というテーマは、彼女の卒業後にもしばしば議論に上がっています。

そして多くのファンたちは「奥本人の態度に問題があった」との結論に至っていますね。

もう少し具体的に言えば、

・とにかく握手会の態度が悪く、いわゆる「塩対応」だったため、外見で興味を持った層が早々に離脱した

・頭の回転は速かっただけに、他のメンバーを見下している節があった。加えてAKBの体制にも批判的だった

・仕事の最中、やる気なさげにしていることが多かった。後期に太ったことも相まって「プロ意識がない・自己管理もできない」との烙印を押された

といった指摘が出ています。

塩対応を一種のネタにまで昇華して人気を博した島崎 遥香さんに比べ、顔がかわいいだけに愛らしい対応を期待したファンに向けて容赦なく塩をまいた奥さんは、その落差がシャレにならず、見る間に人気が下降したとの証言もありますよ;

島崎さんが無気力系の塩だった一方、「奥さんの対応はひたすら攻撃的で、不快に感じる」という層も多かった模様です。

とはいえ当時の奥さんは、本当にまだ幼かったですからね…。

その頃の反省を糧に、再びスターダムを目指してほしいところではあります。

スポンサーリンク?