人気のチケットはなるべく早めに・チャンスが多いうちに確保しておきたいものですが、最近は様々な予約形態があり、理解が追い付かないというのが正直なところです^^;

直近でふと抱いたのは、「オフィシャル先行予約とは何か?」という疑問ですね。

何となくの意味は予想できても、正しい定義を問われても答えることができないので、チケットの購入を巡る様々なワードに関し、改めて整理してみました。



そもそも一般/先行販売って?

まず「一般販売(発売)」とは、主催者が定めた発売日で、各プレイガイド共通となる発売日のことを指します。

様々な先行販売に落選してしまった場合、定価でチケットをゲットできる最後のチャンスが一般販売だと言い換えても良いでしょう。

では「先行予約(販売)」とは何か?といいますと、これは一般発売より前にチケット購入の機会を提供している受付方法と定義することができます。

先行予約の時点でチケットが売切れとなり、一般発売が行われない場合もあるため、先行でアクションを起こした方が賢明であることは言うまでもありません。

ただし人気の公演は先行予約すら受付が抽選となることも少なくないですから、「先行予約を利用すれば絶対安心!」というものではありませんね^^;

加えて一般と先行の違いはあくまでも「受付時期のタイミング」によるものであり、申し込み時期が早い先行予約において優先的に前方の座席・早い整理番号が用意されているわけではないので、その点は留意しておきましょう。

スポンサーリンク?

オフィシャル先行予約とは何!?

多くのケースにおいて一番時期が早く優先度も高いとされているのは「ファンクラブ」を通じたチケット販売ですが、その次に展開されるのがオフィシャル先行予約になりますね。

オフィシャル先行予約とは、その名のとおりアーティストやミュージシャンの公式サイト等で実施されます。

ファンクラブ会員でなくても応募できる場合が多いですから、関連のメールマガジン等へ登録を済ませ、マメに情報をチェックしておくと良いでしょう。

また楽天会員といった特定のサービスに加入している層の特典として、オフィシャル先行予約が可能となるケースもあるようです。

そういった際にもアーティストの公式サイトで告知が行われるので、最新情報を取りこぼさないよう注意したいですね。

入会後、即日先行予約へ申し込み可能ということもありますから、条件が合えば該当サービスを利用するもの一案です。

なお既にファンクラブを通じてチケットに当選している場合には、オフィシャル先行予約へは応募できないという規定が設けられていることもあります。

このあたりの取り決めはケースバイケースで異なりますから、その時々のアナウンスを読み込み、内容を理解しておきましょう。

スポンサーリンク?