様々な専門チャンネルを楽しむことができる「ケーブルテレビ」。

4月から新生活をスタートする方は多いでしょうし、まもなくプロ野球が開幕することなどもあって、今まさに加入を検討されている方もいらっしゃると思います。

しかしながらSNS等を見ていると、「ケーブルテレビに入ったら、NHK受信料の未払いがバレそうで怖い」「受信料についてはいろいろと納得できないから支払いたくないんだけど、ケーブルテレビを申し込むとすぐに集金が来るって聞いた」といった投稿が散見され、NHKの陰がちらつきケーブルテレビの申し込みができないとの声が少なからず上がっていたんですよ;

実際「ケーブルテレビ加入」「NHK受信料支払い」という2つのことがらについて、何らかの関連性は認められるのでしょうか?



「設置工事」の様子が見られている?

(画像引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20171207-00078964/)

本来的には、NHKとケーブルテレビ局が料金の支払いに絡んで連携を取っているとの事実はありません。

とはいえ「ケーブルに加入したとたん、NHKの受信料徴収員がやってきてびっくりしたわ。情報が漏れたとしか思えないタイミング」といった類の報告が多数確認されているのは確かなんですよね…。

そのため「ケーブルテレビの加入で受信料の未払いがバレる」との説が、まるで都市伝説のように広まることとなったのです。

これは昨日今日の話ではなく、ずいぶん前からまことしやかに囁かれている話ですよ;

ただ先ほども説明したとおり、NHKとケーブルテレビ局の間に加入者の情報を共有するような制度はないはずなんです。

ゆえに「設置工事の現場をNHK関係者が押さえ、その直後に集金を行う流れにしているのでは?」との憶測も流れているんですよ^^;

ケーブルテレビの導入には「配線工事」を行うことが必要であり、ケーブルを通す作業は屋外からもバッチリ確認できます!

これを見たNHK関係者が「ケーブルを引き込むということはテレビを持っているとみて間違いないな。受信料を徴収しなければ」となるケースは確かにあるかもしれません。

スポンサーリンク?

両者の間に「裏のつながり」はあるのか

(画像引用:https://www.jcom.co.jp/)

工事風景が原因というのは物理的なバレを疑っているわけですが、もっとストレートに「NHKとケーブルテレビ局が裏でつながっているのではないか?」との説も流れています。

両者が何らかの利害関係を以って組織的に結託し、加入者情報のやりとりをこっそり行っているとの見方ですね。

そしてこちらの仮説を裏付けるように「JCOMからテレビアンテナの品質改善に関するアンケートがポスト投函されてたのね。素直にテレビの保有台数は1台とか記入して返信したんだけど、その数日後にNHKの徴収員が訪問してきたもんだから、タイミングがタイミングだけに戦慄した」等の口コミも上がっているので、そのような可能性もゼロではないと感じてしまいます。

ただ、このようなやり取りは完全に「個人情報漏えい」ですし、さすがにNHKのような組織が公然とやってのけるとは考えづらいです;

各組織に属する個人レベルでの情報交換はないとも言い切れない気がしますが、やはり全ては「推測の域」を出ませんね。

スポンサーリンク?