YouTube等の広告を見て「ネックハンモック」なるアイテムに興味を持つ方が続出しているようです!

おそらく多くの現代人が抱えているであろう「首周りの違和感」を軽減してくれるというのですが、本当に効くのでしょうか?

製品の概要や評判等について、リサーチを進めました。



頭部用のハンモック!?

ネックハンモックは、頭と首を支える小さなハンモックです。

外観は本当に、通常の全身を預けるハンモックのミニチュア版といった感じですね!

ただそのサイズから、ネックハンモックは気軽に持ち運びが可能ですし、使い方も至ってシンプルです。

まずはゴムバンドの部分をドアのハンドルに巻き付けます。

ハンモックがぶら下がったら(ブランコのような状態ですね)、その上に頭を乗せて横になり、ゆっくりともたれ掛かればOKですね。

この状態を10~15分キープするだけで、自身の体重を利用した「首のストレッチ」が実現し、次第に筋肉のストレスが緩和される結果、脛骨の圧迫による首の違和感や痛みが軽減するといいますよ^^

スポンサーリンク?

効果は実感できるの…?

(画像引用:https://www.amazon.co.jp/YOMERTO-ネックハンモック)

ネックハンモックはアマゾンといった大手通販サイトでも軒並み取り扱いがありますので、比較的容易に購入することが可能です。

なお一つの開発元による専売特許品というわけではないらしく、様々なメーカーが販売を行っていて、価格帯にもバラつきが見られますね。

一番安いもので2千円程度、高いものだと6千円あたりが相場でしょうか。

ただ多くの方が、安い商品から利用を開始している模様です。

材質や付属品などに差がみられるものの、基本的なつくりや使い方はどれも同じですからね!

さて気になる口コミについてですが、アマゾンのカスタマーレビューなどは明らかにサクラと思われる投稿も多かったです^^;

やたらと商品を絶賛・日本語が怪しいといった特徴が見られるものもあり、販売元が中華系のパターンもあるのかな?という印象でした。

一方、Twitter等を中心にまともな口コミも流れていて「確かに首が楽になったような気がする」という報告も見付けることができましたよ!

とはいえ現状では多くの方が「気にはなるけど、どうしよう?」と、購入を迷っている段階のようです。

なおネガティブな口コミとして幾つか見受けられたのが、「結構紐の部分が長いので、適当なドアノブ(引っ掛ける部分)が見つからない」「ドアノブ自体はあったが、ゆっくり横になってくつろげるようなスペースを確保できない」といったものですね。

自宅に使用に適した場所があるか否かは、一番に確認しておきたいところです^^;

最後に「こんなもの、タオルで自作できるじゃん!」という声も上がっていましたが、やはり首元の扱いは一歩間違えれば命にも関わる大変な事態を引き起こしますから、素人考えで見様見真似するのは止めた方が良いと感じました。

理学療法士等が相談に乗ってくれる場合もあるようですので、先に質問してみた方が賢明でしょう。

スポンサーリンク?