写真や動画の共有に大変便利であるとして、「動画コンテナ」というツールが注目を集めています。

その概要を知ると確かに自身も使ってみたいと思うのですが、ウィルスの危険や違法性はないのか気に掛かりますね。



「動画コンテナ」の概要をチェック!

(画像引用:https://movie-container.com/)

動画コンテナは無料の会員登録を済ませるか、アプリを入手すれば簡単に利用することができます。

「友だちや家族と写真や動画を共有」できるツールと紹介されており、その使い方もシンプルで「①画像をアップロードして写真を送信 ②秘密のパスワードを入力して写真を受信」するだけとの説明が添えられていますね。

なるほど動画コンテナの強みは、大容量の写真を知人間で簡単に共有でき、パスワードを通じてその範囲も自由に設定可能という点にあるでしょう。

一定期間を過ぎるとアップロードした内容に「鍵」が掛かる仕組みで、これを解除する鍵の購入に料金やポイントが必要となるのですが、基本的には「無料」で楽しめるというあたりも人気の理由ですね。

なお誰かが鍵を用いたダウンロードを行うと、アップロードした本人にはポイントが付与され、これをギフト券と交換することもできます。

スポンサーリンク?

「使い方」次第では危険性・違法性も

概要のみに目をとおすと、なるほど動画コンテナは利便性の高いツールです。

ただアップロードを通じて現金代わりになるポイントを入手できる仕組みであるがゆえに、やはり「友だちや家族と写真や動画を共有」するという本来の目的以外の用途を思い付く輩が非常に多いらしく、「悪用」されるケースが目立ち始めている実情があります。

SNS等で関連の投稿をチェックしてみると、アダルト要素を含む写真や動画をちらつかせながら、鍵のやり取りを要求してくるような内容ばかりが並んでいますね;

はっきり言って、「悪用しかされていないのでは!?」と感じてしまうほどひどい状況です。

当然のことながら、共有する内容によっては「違法性」が生じます。

犯罪と認定されれば、逮捕となってもおかしくありません。

加えて違法性のある画像にはウィルスが意図的に混入されていることも否定できませんから、そういった面での危険もありますよね。

つまり動画コンテナ自体は便利で画期的なツールであるものの、その使い方を間違えば犯罪の温床にもなり得るということです;

逆をいえば、普通に使う分には特に問題はないということですが…。

なお本来の用途から外れた使い方をされている点は動画コンテナ側も把握するところのようで、利用規約に反する投稿が増えていること・悪質な利用者に警告を行っていること・違反者への対策を強化するバージョンアップ作業を進めていること等がアナウンスされています。

利用者増加に伴い、今後更なる厳しい措置が取られる可能性も高いですし、動画コンテナとの付き合い方には十分注意しなければなりませんね。

スポンサーリンク?