チャンネル登録者数390万人を越える超人気YouTuber「水溜りボンド」の2人が子どもの姿で動画に登場し、話題を呼んでいます。

いやいや、これは本当にすごいですよね!

全然無理やり感がないというか、実際にこういう子どもいるだろって感じです^^;

水溜りボンドはどのような方法を駆使し、このような映像を作り上げたのでしょうか。



話題のアプリ「Snapchat」とは?

(画像引用:https://itunes.apple.com/jp/app/snapchat/id447188370)

実のところこちらの動画には、「Snapchat(スナップチャット)」というスマートフォン向けの写真共有アプリが利用されているんですよ!

同アプリは「この瞬間に起きていることをシェアする楽しいアプリ」との触れ込みで、撮影したスナップにキャプションやユニークなエフェクトを加え、友人らに送ることができるサービスを提供しています。

その歴史は古く、既に2012年ごろには海外を中心に絶大な人気を誇っていましたね。

むしろ近年は人気が下火傾向にあったのですが、先ほど紹介した子ども化フィルターに加え、最近リリースされた「ARフィルター」という性別を変える機能が大ヒットを飛ばし、再び注目されはじめた模様です。

日本でもここのところ、急激に人気が出てきました。

スポンサーリンク?

「Snapchat」には危険性も潜む?

「ARフィルター」を例に、もう少しアプリの詳細を見ていきましょう。

こちらのフィルターには「男性フィルター」と「女性フィルター」の2種類があり、髭や髪形が変更されると同時にそれぞれの性別に合わせて「顔立ち」も変化します。

自分自身の顔はもちろん俳優の顔に使って楽しむこともできるので、既に多くの芸能人やインフルエンサーの目にも留まり、次々と写真がシェアされていますね。

この現象は海外でも大いに注目されていて「Snapchatはまだ終わっていなかった!」と、再びブームが起きています。

「Snapchat」App Storeはコチラ
「Snapchat」Google Playはコチラ

しかしながら自分の顔をナチュラルに変えた画像や映像を気軽に作成できるって、冷静に考えれば危険すぎませんか^^;?

実際、既に一部のユーザーがSnapchatのフィルターを通じて性別を変え、親しい友人に向けた「いたずら」のツールとして活用している様子です。

それだけならまだしも、マッチングアプリで悪用するケースも確認されており、同じような現象が日本で起こらないとも限りませんよね…。

正直に言えば、もともとSnapchatって様々な危険性が指摘されているアプリだったんですよ;

制作者が「このアプリケーションではプライバシー保護は考えていない」と明言していますし、セキュリティの観点からもお勧めできないとの声は以前から上がっていましたね。

そういったわけで同アプリとの関り方については、一度熟考した方が良いと思います。

また現在アプリのレビューに「Androidではリアルタイムの変化が確認できない仕様になっている!」との投稿が複数寄せられていますので、その点もご注意を。

スポンサーリンク?