ここ数年、韓国コスメの人気が大爆発していますが、日本においてその先駆けとなったブランドが「MISSHA(ミシャ)」だと思います。

「プチプラなのに高品質」という嬉しい2要素を兼ね備えたミシャは、登場から長らくの時が経った現在においても、多くのコスメ好きたちの心をつかみ続けていますね。

そんな同ブランドの人気No.1商品といえば、かなりの話題を呼んだ「クッションファンデーション」です。

今や地元のショッピングモールなどにも普通に取り揃えられており、ミシャというよりは「韓国コスメを代表する逸品」と評して差し支えないでしょう!

ただこちらのクッションファンデは愛用者が増える一方で、「危険なので使わない方が良い」との口コミも出回っているようなのです。

これは一体どういうことなのでしょう?

真相に迫りました!

スポンサーリンク?

クッションファンデとはどんなアイテム?

クッションファンデーションとは、スポンジでできた「クッション」にみずみずしいリキッドファンデーションをたっぷりとしみこませた新感覚ファンデのことです。

これ1つで保湿・化粧下地・日焼け止め・ファンデーションといった複数の機能を網羅してくれることから、「時短アイテム」としても重宝されていますね。

また、従来のリキッドファンデが持ち運びに適していない一方で、クッションファンデは小さなコンパクトに収まっているため、外出先での使用も容易です。

ここ数年で一気に利用者が増え、一躍メイクのスタンダードになったように感じます。

その中でもミシャの製品は千円程度というお手軽価格ながら、「肌の印象をふんわりと変化させてくれる上に持続力も抜群」と評判が広がり、クッションファンデ人気をけん引する存在となりました。

スポンサーリンク?

一部に流れる「肌荒れ」の報告

そんな話題のミシャ・クッションファンデですが、一部の利用者から「肌荒れしてしまう」との報告が上がっていることは確かなようです。

具体的には、ニキビや吹き出物ができてしまったという方が多いようですね。

ミシャのBBクリームについても、同じような状況が起きているのだとか。

その理由としては、「韓国における薬事法の基準が日本ほど厳しくないので、敏感肌の人については許容範囲を超える成分が配合されている」という推測が成り立つかと思います。

これは韓国に限らず、海外ブランド全般に言えることですね。

免税店などで購入したヨーロッパのハイブランドコスメについても、「使用直後から肌荒れしてしまった!」という報告はよく耳にします。

また、ミシャ・クッションファンデに関してはその人気の余り「粗悪な類似品や偽物が多く出回っており、知らぬ間にそちらを使用し肌荒れしてしまう」人も少なからずいるようです。

人気製品に偽物はつきものですから、十分に注意したいですね;

以上のことから総括するに、「ミシャ・クッションファンデが取り立てて危険成分を使っているわけではないが、やはり海外製品なので、肌荒れしてしまう日本人も一定数いる」という状況であると考えます。

ちなみに今、私の手元にもミシャのクッションファンデがあるのですが、私自身は特に肌荒れしませんでしたよ!

結構、敏感肌だとは思うんですけどね…。

本当に化粧品に関しては「合う/合わない」の個人差が激しいですから、自分にピッタリのアイテムをうまく見付けていきたいですよね^^

スポンサーリンク?