サクっとメッセージのやり取りができ、未読/既読機能を通じて相手側に要件が伝わったかどうかも確認できるLINEですが、その手軽で便利な特性ゆえに、人間関係がこじれるきっかけを作ってしまうこともあるようです。

特に、気心の知れた友達ではなく、かといってバッサリ切り捨てることもできない「ママ友」の間柄では、LINEのやり取りが思わぬいさかいに発展してしまうことも多いのだとか。

そこで今回は、面倒なママ友間のLINEやり取りを上手に切り抜けるための「トラブル回避のコツ」を幾つか紹介したいと思います!

スポンサーリンク?

相手の立場になって考えることが重要!


ごくごく当たり前のことですが、LINEをうまく活用するには「相手の立場になって考える」ことが何より重要になります。

そのことを念頭に置き以下の点に留意しておくと、トラブルの火種はずいぶん減ることでしょう。

余りに長時間の未読/既読スルーは避ける

いくら世のママたちが忙しいといったって、特定の相手に何度も長時間メッセージをスルーされると、送信側のストレスはたまる一方です。

外出中などで内容の検討に時間が掛かりそうな場合は、「今忙しいから〇時頃に改めて返事します!」と一旦返しておくのも一案ですね。

相手の生活時間帯を思い遣ってメッセージを送る

自分が暇だからといって、早朝や深夜といったとんでもない時間に連絡を入れることはマナー違反です。

加えて頻繁に連絡を取るママ友が相手なら、「手が離せない時間や曜日」などの生活サイクルをさらりと確認しておいても良いかもしれません。

逆もまた然りで、「自分は~頃に連絡をもらってもすぐ確認できないよ」と初めから伝えておくのも手です。

親しい相手だからといって、無礼な言葉遣いをしない

画面上の文字だけでやり取りをするLINEは、誤解を生みやすいツールでもあります。

ママ「友」だからといって、砕け過ぎた言葉遣いでメッセージを送ることは避けた方が無難でしょう。

余り頻繁にメッセージを送らない

家事などで手が離せないときにLINEの通知が続けざまに届くと、それだけでイライラが募る方も多いでしょう。

相手の反応も鑑みながら、必要なメッセージを簡潔に送るよう心掛けるべきです。

スポンサーリンク?

LINEはあくまで「連絡手段」と心得る

結局のところ、「LINEというツールに頼りすぎる」ことがトラブルを生んでしまうのだと感じますね。

LINEはあくまでも便利に連絡を取るための手段ですから、そこに過剰なコミュニケーション上のやり取りを期待するのはやめましょう。

やたらと雑談的な内容を送られると煩わしいと感じる人は多いでしょうし、LINEにて他のママ友や知り合いの悪口を言うなんて言語道断です!

込み入った話題は顔を合わせて話し合った方が誤解も少ないですし、すぐに結論にたどり着くことができますので、事務的なやり取りはLINE、円滑なお付き合いのために必要な+アルファの会話はきちんと会う時間を作ってから…と決めておいた方が良いと思います。

良い意味での「割り切り」が必要だということですね。

「売り言葉に買い言葉」で、相手の言葉に少々引っかかる点があったといっても、感情的な返信をしないようにも心掛けたいです。

LINEショッピングに楽天が無くなったって本当?再開予定は?
LINEが運営する総合通販サイト「LINEショッピング」。ファッションから家電・文房具に至るまで、豊富なアイテムが取り揃えられているとともに、いつものようにお買い物...

スポンサーリンク?