LINEの返事がなかなか届かないと、本当にやきもきしますよね。

急ぎの質問を投げ掛けている場合や、彼氏とやり取りしたいときなどは、特に不安を覚えます。

相手側が長電話の最中かもしれないと考え、確かめたい衝動に駆られることもあるでしょう。

すぐに返事がこない明確な原因が分かれば、ある程度スッキリしますからね^^

そこで今回は、相手がLINE通話中か調べる方法について解説したいと思います。



とりあえず電話を掛けてみよう!

相手がLINE通話中かどうかを調べる方法は、至ってシンプルですよ。

自分のLINEから実際に電話を掛けてみれば良いのです!

すると通常の電話と同じように、相手が話し中であればその旨のメッセージが伝えられるんですね。

具体的には、呼び出し音が鳴らずに「○○は通話中のため応答することができません。しばらくしてからもう一度かけ直してください」との文言が表示されます。

相手がLINEではなく、携帯自体の電話機能を利用している場合にも「端末の電話で通話中のため、LINE通話機能をご利用いただけません。通話が終了した後にお試しください」とお知らせしてくれるので、大変分かりやすいです。

「LINEで電話を掛けると、相手が通話中の場合はメッセージで教えてくれる」と覚えておけば、なかなか返信が届かない際の不安も少しは軽減されるかもしれません!

スポンサーリンク?

通話中の「履歴」はどうなるの?

ちなみに相手がLINEで通話している最中に電話を掛けた際の「履歴」についてですが、自分のLINEには「応答なし」が、そして相手側には「不在着信」の通知が残ります。

これは相手が携帯の電話機能を使用していた場合も同じですね。

つまり電話がつながらなかったとしても、相手側には入電したという事実がきちんと伝えられる仕組みなので、安心しましょう^^

履歴に気が付けば、折り返し等の対応を採ってくれるはずです。

その一方で、彼氏の浮気を疑っている場合など「履歴を残さずにこっそり電話の使用状況を調査したい」というケースもあるかもしれませんね。

しかし残念なことに、履歴を残さず通話しているか否かを調べ上げることはできません!

ある意味では、通話状況も相手側の「個人情報」なので、こっそり覗き見るようなシステムにはなっていないわけですよ。

LINEの通話で相手に介入しようとすれば必ず「足跡」が残るというふうに理解しておくと良いでしょう。

ちなみに余り考えたくないですが、相手からブロックされている場合には、iPhoneであれば呼び出し音が鳴り続けますし、androidなら一定時間掛け続けた後に強制中断され、「確認」といったポップアップが表示されてきます。

いずれにせよ自分から電話を掛けてみれば、何かしらの現状が把握できる仕組みにはなっていますね。

スポンサーリンク?