けんたさん(youtuber)は不正ではなくルール違反?今後の処分は?

公開日:更新日: コメントなし

人気自転車YouTuber「けんたさん」が炎上しているようです!

何でもブルベに絡んだ「不正行為」があったそうなのですが、これは事実なのでしょうか。

本人による釈明動画もすでにアップされたようなので、その内容を確認しながら検証を行いました。



事の発端はイベントへの不正参加疑惑だった!

けんたさんが騒動を受けて公開した動画は「僕のブルベ不正参加疑惑について真実を話します」と題されており、かいつまんでいえば自身の無実を訴える内容となっています。

一連の流れをしっかりと把握するにはベースとなる知識や専門用語への理解が必要ですから、平易な表現で解説を加えますね。

そもそもブルべ(Brevet)とは、組織化され、制限時間内における完走認定を伴う自転車の「長距離ロングライドイベント」のこと指します。

当然、こちらのイベントへ参加するためには諸手続きが必要なのですが、今回けんたさんは正式な段取りを踏まずに「不正参加」したとのでは?といわれているんですよ;

というのも、大会後に主催者側から「ある人物がエントリーをせずに不正に参加し、集団走行を行っていた」との発表があり、「①不正に参加した一名」については関連イベントへの無期限参加禁止を、そして「②不正の事実を知らずに伴走したとされる4名」には当該ブルべをDNF(リタイア)扱いとし、2019年10月31日までの参加禁止処分を下すとの通達が行われたのです。

そんな中、事前に公表されたエントリー者リストの中にけんたさんの名前が記されていなかった点に注目が集まり、「あの有名なけんたさんが、①の問題人物なのでは!?」と、どんどん騒ぎが大きくなったんですよね…。

スポンサーリンク?

本人の釈明動画が新たな火種に

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ブルベ)

ネットを中心として自身に批判が集まっていることを察知したけんたさんは、事実関係を説明する動画を制作し、あくまでも自分は「②不正の事実を知らずに伴走したとされる4名」の立場であることを強調しました。

要するに、自分は①の人物がエントリーしていないことを全く知らされていなかったので、結果的には「ルール違反」を犯したことになり処分されてしまったが、意図的な「不正行為には手を染めていない」というわけです!

リストに名前がなかったことに関しては、イベント参加のための「入金手続き」が遅れたためだそうで、その点は反省しているとの言及が手短に行われていますね。

しかしながら、「手続き上のミスはあったが、事前の申し出によりエントリー自体は確かに完了していた」と話は続き、けんたさんとしては何よりもこのような事態を招いた①への怒りが収まらない様子でした。

さて、SNS等にはすぐに動画を見た方たちからの投稿が寄せられましたので、その一部を紹介しますね。

・ん?自分はもらい事故の被害者って感じで話してるけど、エントリーしていない人が仲間内にいたら、当日の手続きの流れ等を見ていると絶対に気が付くと思うんだよね。本当にけんたさんは何も知らなかったのかな

・まず、入金が遅れた時点でアウトでしょ!本人は、その点については大して問題にしていないし、深く反省しているようにもみえないけどさ。自分のことは棚に上げて、他人のことばかり悪く言って、調子に乗ってる感じが鼻につく

・入金が遅れたけど、イベント前に報告したら問題なくエントリーできましたってことね。完全に自分側のミスなのに、見逃してもらえたんだ。もしかして、有名人特別枠とかあるんですか?何にせよ、言動の端々に「自分は有名人なんだ!」という想いが見え隠れしているようだ

何だか、事態は沈静化するどころか更にヒートアップしてしまったようにも見受けられます;

中には、「不正をした張本人(①)が、実はけんたさんなのでは?」と推察する人もいて、今後けんたさんに下される処分のいかんによって事実が明らかになるだろうといわれていますね。

どちらにしろ、けんたさんは今後のイベントに参加できないことになるわけで、客観的な証拠がない以上、その期間が無期限か10月末までかは現時点だと分かりませんが、その活動に大きな影響が出ることは必至でしょうね。

もしかすると、彼が参加を熱望していた権威あるブルべへの道も閉ざされてしまうかもしれません…。

とにかく、今後の展開にも要注目ですね。

スポンサーリンク?