朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)にて放送された、ジャガー横田さんの息子・木下 大維志くんの中学受験企画。

父・木下 博勝さんと同じ外科医の道を志す大維志くんが、偏差値40台から難関中学校へ挑戦する姿に大きな注目が集まり、2月11日の放送では番組最高タイの高視聴率が記録されたそうです。

当然SNS等も関連の投稿で溢れており、放送では明らかにならなかった部分に関しても様々な憶測が流れているんですよね。

特に多くの視聴者たちの興味を引いているのは、「大維志くんの併願校はどこだったのか?」という点のようです。

併願校の受験結果を知ることで、大維志くんの努力の成果や進路をより明確に推し量ることができますからね!

ということで今回は、中学受験企画の併願校がどこだったのか、具体的に考察してみたいと思います。

スポンサーリンク?

番組中に判明した情報を整理!

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/広尾学園中学校・高等学校)

大維志くんが本命と公言していた学校はズバリ「広尾学園 本科」だったのですが、同校は偏差値64を誇る難関校であるため、企画スタート時の偏差値を鑑みれば無謀ともいえる挑戦でした。

大維志くんをサポートする「受験のエキスパート」こと宝田 亮祐さんも「10校の併願校」を提案し、万全を期すよう勧めていましたね。

併願校の中には、いわゆる「滑り止め」的なポジションの学校も含まれていたことでしょう。

具体的にどの学校を受験するかについては様々な検討がなされ、結果として大維志くんは複数の首都圏に所在する中学校をピックアップしました。

それぞれの学校の概要と合否に関しては、放送中に以下の情報が開示されていますよ。

・併願校A 不合格 埼玉県の私立中学。医学部進学実績多数
・併願高B 合格  医学部を持つ有名付属中学
・広尾学園本科 1、2、3回目 不合格
・併願校C 不合格 中高一貫の都内にある人気中学
・併願校D 合格  医学部を持つ有名大学付属中学(特進コース)

本命は残念な結果となりましたが、こと併願校に関してはなかなか条件の良いところに合格できた様子ですね!

スポンサーリンク?

併願校は具体的にどこだったのか?

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/東海大学付属浦安高等学校・中等部)

学校名こそつまびらかになっていないものの、併願校を探る「ヒント」はそこそこ与えられているといえそうです。

開示された情報と大維志くんの学力、世間の評判等を参考にして、先ほどの一覧に予想される学校名を付け足してみましょう。

・併願校A 不合格 埼玉県の私立中学。医学部進学実績多数 … 埼玉栄、開智
・併願高B 合格  医学部を持つ有名付属中学 … 東海大浦安、東邦大桐朋
・広尾学園本科 1、2、3回目 不合格
・併願校C 不合格 中高一貫の都内にある人気中学 … 開智日本橋、都市大
・併願校D 合格  医学部を持つ有名大学付属中学(特進コース) … 帝京、日大付属

いずれも「予想」にはなりますが、太字の学校についてはほぼ間違いないだろうとの声が散見されました。

それを踏まえ、大維志くんが進学先として選ぶのは「東海大浦安」で、そこで地力を付けながら医学の道を志すのでは…との見方が有力になっていますね!

本当に、第一希望の中学に合格できなかったといっても大維志くんはまだまだ若いですから、将来の可能性は無限大だと思います。

今回努力したことを糧に、自分らしく輝ける道を模索していってほしいですね^^

広尾学園中学はなぜ人気?評判や口コミ、偏差値上昇の理由を紹介!
情報バラエティー・スッキリ(日テレ)内の企画「ジャガー横田の息子・難関中学受験に長期密着」にて、木下 大維志くんが第一志望校に選んだ「広尾学園中学校」。番組内...

スポンサーリンク?