6月19日、千葉市の幕張メッセにて井岡一翔vsアストン・パリクテのボクシング・スーパーフライ級王座決定戦が行われました。

結果は10回TKOで井岡選手が見事に4階級制覇を達成しましたが、SNS等では試合をした両選手とは別のある人物が話題になっています。

井岡選手の表彰式やインタビューの際に後ろでカメラ目線を送っていたラウンドガールです。

今回は同試合のラウンドガールを務めた女性が誰なのか紹介したいと思います。



ラウンドガールは岡田佑里乃と吉元さくら

まず、SNS等でカワイイと絶賛される一方で、カメラ目線で自分をアピールしてしまい炎上中の女性は岡田佑里乃さんになります。

以下、簡単なプロフィールです。

名前:岡田佑里乃(おかだ ゆりの)
ニックネーム:ゆりのん、ハム、姫など
生年月日:1998年10月29日生まれ
(2019年6月現在、20歳)
サイズ:T155 B79・W58・H83
出身地:三重県
血液型:B型
趣味・特技:一輪車、耳が動かせる、ゲーム、アニメ好き
好きな食べ物:焼肉
好きなアイドル:モーニング娘
所属事務所:スターレイプロダクション
Twitter:https://twitter.com/yurino_okada
Instagram:https://www.instagram.com/yurino_okada/


昨年7年ぶりに復活した「ミスマガジン2018」では「ミス週刊少年マガジン」を獲得しています。

今回の試合では一部批判はありましたが、試合後にフォローワーが3,000人も増えたそうです。

今後の活躍に期待大ですね^^

もう一人のラウンドガールは吉元さくらさんになります。

芸能活動は「山下さくら」という名前で行っているようです。

名前:吉元さくら
芸名:山下さくら(タヒチアンダンスインストラクター)
出身地:千葉県
生年月日:1999年10月24日生まれ
(2019年6月現在、19歳)
血液型:AB型
サイズ:T168 B86 W59 H85 S
趣味:歌、スポーツ
特技:タヒチアンダンス
所属事務所:カロスエンターテイメント
Twitter:https://twitter.com/saku_yosimoto19


スポンサーリンク?

レフェリーストップが少し遅かった?

(画像引用:https://twitter.com/tbs_pr/status/1141312508063637504/photo/1)

井岡選手は階級を上げた事で若干ですが余裕のある体つきになっていたので、少し心配しましたが、防御レベルやパワーもフライ級時代よりレベルアップしているように感じました。

今回の試合ですが、ほとんどの人がパリクテ選手に勝ち目は無いと思ったはずですので、プロのレフェリーがストップするのは当然だと思いましたが、レフェリーストップ自体が少し遅かったのではとも言われているようです。

個人的には妥当なタイミングだと思いましたが、ストップの判断をしてから実際にストップするまでに少し時間が空いたようにも見えました。

その結果、パリクテがノーガード状態で数発くらっていましたが、レフェリーも人間ですので、どんなスポーツにも言える事ですが、完璧な判断を求めるのはなかなか難しいと私は思います^^;

スポンサーリンク?