現在インスタグラムにて「#bi」「#pride」等のハッシュタグを付けると、ストーリーの枠が虹色になる仕様が採用されています。

多くの方が注目する一方、ハッシュタグの意味が分からない・どうして虹色になるのだろう?といった疑問が噴出していますね。

実はこれ、単なる装飾ではないんです。

今回の記事では一連の動きに込められた想いや意義について、詳しく見ていきましょう。



プライド月間」って何!?

実をいいますと、6月は世界的に「プライド月間(Pride Month)」なるものに認定されており、世界中でLGBTに関する様々なイベントや支持・抗議・活動などが行われているんです!

なおLGBTとは、

・Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)
・Gay(ゲイ、男性同性愛者)
・Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)
・Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)

の頭文字をとったもので、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称として用いられるワードですね。

プライド月間は、セクシャル・マイノリティを含めたすべての人々が多様性を認められ、自己の性的指向や性自認に誇り(プライド)を持てる社会を目指し、制定されているわけです。

そういったわけで「#bi」はBisexualを、「#pride」はそのままプライド月間のことを指すハッシュタグなんですね。

インスタグラムによれば、#lgbtq、#bornperfect、#equalitymatters、#accelerateacceptance、#pride2019といった他の関連ワードでも虹色を再現することができるそうです。

なおプライド月間中はインスタグラムに限らず、賛同する各国の有名企業やセレブリティたちが様々なアクションを起こしていまよ!

スポンサーリンク?

「虹色」の意味を紹介!

(画像引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Frontrow_17276709/)

ではなぜ今回のキャンペーンにおいて虹色が象徴的に用いられているのか?という点ですが、「レインボーフラッグ(虹の旗)」は、1970年代からLGBTの尊厳や社会運動を象徴するものとして広く認識されているんです。

鮮やかな虹色は、LGBTコミュニティの多様性を表す色合いというわけですね^^

ちなみに虹色を構成するカラーの内訳は場合によって変わる場合もあるのですが、最もスタンダードなものは6色で、それぞれの色には以下のような意味が込められています。

赤:life (生命)
橙:healing (癒し)
黄:sunlight (太陽)
緑:nature (自然)
青:serenity/harmony (平穏 / 調和)
紫:spirit (精神)

レインボーカラーは単なる飾りではなく、非常に具体的な意味合いを持っているということですね。

というわけでインスタグラム上の表示が特定のハッシュタグによって虹色になる理由についても、ご理解いただけたかと思います。

キャンペーンに参加する際には、このあたりの事情関しても自分なりに思いを馳せたいものです。

おそらく虹色の仕様はプライド月間に当たる6月いっぱいは継続するでしょうから、今回の記事を見て感じるところがあったという方も、是非関連のハッシュタグを利用してみてください!

スポンサーリンク?