インパルス堤下が板倉に敬語の理由は?【水曜日のダウンタウン】

公開日:更新日: コメントなし

6月5日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に、お笑いコンビ・インパルスの2人が出演した際の様子が注目を集めています。

一番の見どころは「俺に何か言うことないか?とカマかけられたらベタに余計なこと喋っちゃう説」においてドッキリを仕掛けられた堤下さんが、マッチングアプリの利用を白状し、その流れで「年収150万円」という苦しい現状を暴露する場面でしたね^^;

しかし多くの視聴者が「年収よりなにより、堤下が板倉に対して敬語で話し掛けている点が衝撃だった!」との感想を抱いたようです。

確かに映像中の堤下さんは常に敬語を使っていましたし、相方の呼び方も「さん付け」でしたよね…。

これは2人の間に明確な上下関係が存在するということでしょうか?



客観的な上下関係は認められる?

2人の生年月日を調べてみると、堤下さんは1978年1月30日・板倉さんは1977年9月9日生まれと分かりました。

板倉さんが早生まれなので、学年でいえば同じになりますね。

また2人はともに東京NSCの4期生ですから、実年齢はもちろん芸歴という点からも、上下関係は発生しないはずなのです!

親しい間柄の友人同士が初期のクセを引きずって、さん付けや敬語を使い続けるケースは余りめずらしくもないのでしょうが、それにしたって一方だけがへりくだった言葉遣いというのは何か違和感を覚えます。

また敬語以外の点を鑑みても、2人の間には明確なパワーバランスがあるように感じました。

堤下さんが相手の顔色を窺うようにして終始低姿勢な態度を取る一方、板倉さんは体重を椅子に預けてリラックスした様子をみせており、上司・部下といっても不自然ではない状態でしたね。

背景には相当根深い事情があると、思わず勘ぐってしまいます!

スポンサーリンク?

謹慎騒動が関係性を変化させた?

しかしながら改めて記憶をたどってみると、コンビ登場当初より、堤下さんは板倉さんに対して敬語を使っていたように思います。

インパルスは板倉さんがネタ作りを行っていることもあり、それこそ出会ったころから板倉さんを上位に据える空気が出来上がっていたのかもしれません。

ただ多くのファンは堤下さんが立て続けに起こした人身事故及びそれに伴う謹慎期間以降、2人の上下関係がより色濃くなったと指摘します。

そう言われてみると、以前は口調こそ敬語であっても会話の雰囲気自体はフランクでしたし、さん付けも「板さん」といった親しみを込めた感じのものでした。

やはり一連の騒動が2人の間柄に影響を及ぼした可能性は、大いにありそうです。

ただソロでの仕事をこなしながらも、板倉さんが完全に相方を見捨てるような様子は見受けられませんし、コンビの関係が看過できないほど不穏なものになっているとは思えないですね。

今回はネタがネタだけに、堤下さんの態度が通常以上にオドオドしてみえたという側面もあるでしょう。

余り心配することはないと、個人的には考えますが。

とはいえ反響が大きいようだと、これに絡んだ新しい「説」も近日放送されるかもしれませんね^^;

【水曜日のダウンタウン】ヤバめ素人を演じる役者は誰?
6月12日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)のドッキリ企画にて、ターゲットとなった板東 英二さんのVTRがほぼ全カットとなり、話題を集めています。スタジ...

スポンサーリンク?