人気YouTuberのヒョクさんが「【最後の動画】この動画でヒョクチャンネルは活動休止となります。」と銘打った動画を公開し、好評を博したヒョクチャンネルの活動にいったんピリオドを打ちました。

多くのファンを抱えながら、どうしてヒョクさんはこのタイミングでの休止を決断したのでしょう?

アイドルデビューへの布石ではないかとの予想もあり、その背景が気に掛かりましたので、さっそくリサーチを進めました。



注目度の高かったヒョクの発信

ヒョクさんは韓国で産まれ、12歳の頃に日本へ移り住んだという経歴を生かし、興味深い韓国ネタをふんだんに紹介するYouTuberでした。

取り扱うジャンルも多岐にわたっていて、K-POP絡みのネタやBeauty商品レビュー等、面白い情報をたくさん発信してくれたんですよね^^

ヒョクさん自身がCanCamといった有名雑誌のモデルや、大規模なイベントにおけるバックダンサー等を歴任した才能豊かな人物でもあるので、発言自体にも説得力があったんですよ!

また日常のちょっとした出来事を伝えるにも優しい笑顔と柔らかな雰囲気が好印象で、一種の「癒し」として彼を応援していた方も少なくないでしょう。

スポンサーリンク?

ヒョクが語っていた「夢」とは?

そんなヒョクさんですが、YouTuberとして名をはせることが本来の目的ではなかったようです。

かねてより子どもの頃から変わらぬ夢は「アイドル」であると、各種メディアを通じても公言していたんですね。

そしてアイドルになりたいとの願いは単なる夢物語ではなく、ヒョクさんにとっては現実的な目標であったらしいのです。

親からの猛烈な反対もあって、一度は一般企業への就職を果たしたものの、ヒョクさんはひそかにダンススタジオに通い、自己研鑽に励んでいました。

その姿がプロデューサーの目に留まり練習生のオーディションに合格したことが、表舞台で活躍する大きなきっかけになったといいます。

以前語っていた将来のビジョンもかなり具体的なもので「(目標は)韓国でアイドル活動をすること」「日本と韓国両方で活動したいな」との想いを包み隠さず述べていました。

YouTuberになったのも「最初は正直、マルチタレント業のPR目的」だったとしていますし、一定の知名度と人気を得た今、ヒョクさんは次のステップへ向けた第一歩を踏み出したところなのかもしれません。

本人がここまで言及しているわけですから、デビューが確定しているかどうかは分からないまでも、今回の休止にアイドル活動等の夢が関わっている点はほぼ間違いないと見ました!

その一方でヒョクさんは、当初PR目的と割り切っていたYouTubeも今や「ファンの方とコミュニケーション」を図るための重要なツールとの見解を示していますし、何より「休止」というニュアンスを用いていますからね。

当初の目的を達したのでとりあえず日本とはサヨウナラ、YouTubeにも関わらない…なんてことはしないと思いますよ。

今後も着実に歩みを進め、また適切な時期が来たときに、動画を通じて何らかのメッセージを発信してくれるのではないでしょうか^^

スポンサーリンク?