8月16日より公開中の映画「HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ」が、非常に面白そうです!

当初は、来場者特典として個人的に大好きな漫画家・ジョージ朝倉さんによる描き下ろしの大判ポストカードが配布されると聞き興味を惹かれたのですが、予告映像をチェックするうちに映画自体も気になってきましたね^^

「HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ」予告動画(YouTube)はコチラ

ところでこちらの予告映像、BGMも非常に素敵だと思いませんか?

オシャレでノリが良くて、思わず体が動いてしまうような音楽です。

全編を聞いてみたいのですが、こちらは一体誰の何という楽曲なのでしょう。



BGMはBeckの「I’m So Free」!

リサーチの結果、予告編の音楽はアメリカの音楽シーンを代表するソロ・アーティスト「Beck」が手掛ける、「I’m So Free」という楽曲であることが分かりました!

Beck – I’m So Free の動画(YouTube)はコチラ

パッと聞いただけでは分かりませんでしたが、洋楽に興味がない方でもその作品を耳にしたことが一度はあるであろう、Beckが手掛けた音楽だったんですね^^

I’m So Freeは彼が2017年にリリースしたアルバム「カラーズ」に収録されているそうで、その長いキャリアを考えれば比較的最近の楽曲であるとの印象を持ちました。

ちなみにBeckはリリース当時、日本で行われたライブにおいて「I’m So Freeをライブでプレイしたのは初めて」との言葉を残しており、同楽曲は日本に縁の深い一曲であるともいえそうです。

スポンサーリンク?

ホット・サマー・ナイツの主題歌は?

それにしても、失礼ながら私は今回のリサーチで久しぶりにBeckの姿を目にしたのですが、相変わらずオシャレでカッコよくて、その点はさすがだなぁと感じましたね^^

彼は1990年代から第一線で活躍していたため、老け込んでしまっていても全くおかしくないのに、ずっと第一線で様々なジャンルを取り入れながら革新的かつ良質なポップ・ミュージックを作り続けてきたと考えると驚嘆してしまいます。

なおホット・サマー・ナイツは1991年のアメリカを舞台とする物語ですから、そのような設定も含めて当時から人々の心を魅了しているBeckの音楽を起用したのかもしれません。

古臭いという意味ではなく、確かにI’m So Freeという楽曲は映画の雰囲気によくマッチしています。

最後に、ホット・サマー・ナイツの主題歌はどのような曲なのかという点も気になり調べてみたのですが、I’m So Free以外でフィーチャーされているような音楽は見当たりませんでした。

映画の公式サイトやプレスリリースの類をみても、主題歌への言及はなかったですね。

それゆえ予告映像でも存在感を示したI’m So Freeが、映画本編の主題歌という役割も併せて果たしているものと予想します。

断言はできないものの、I’m So Freeが正式な主題歌である可能性は非常に高いでしょう。

いずれにせよ、90年代にBeckが発表した作品も耳にしたうえで映画館へ足を運ぶと、また違った味わいが生まれるかもしれません^^

スポンサーリンク?