au三太郎シリーズの最新作として2019年元旦より大量オンエアされているTVCM「一緒にいこう」篇に絡み、とある疑惑が持ち上がっています。

何と起用されているBGMが、よく知られた名曲のパクリではないかというのです!



該当の2曲を聞き比べ!

(画像引用:https://www.au.com/pr/cm/music/)

まずはCMをご覧になり、その音楽に耳を傾けてみてください。

GReeeeN「一緒にいこう」フルver.のMV動画はコチラ

心のうちから活力が湧くような、とても良いCMソングですよね^^

当初アーティスト名が公表されていなかったこともあって、様々な憶測が飛んでいたのですが、こちらはGReeeeNの手掛けた「一緒にいこう」という作品になります。

CMタイトルと曲名が同一であることからも分かるように、歌詞も含めて今回のために書き下ろされたオリジナル楽曲だそうです。

しかしこのメロディを聞いて、「耳覚えがあるな…」と感じる方はとても多いのではないでしょうか?

というのも「一緒にいこう」は、アルベルト・フォン・ティルツァーが作曲した「Take Me Out to the Ball Game(私を野球に連れてって)」にそっくりなんですよ!

『私を野球に連れてって』”Take Me Out to the Ball Game”の動画はコチラ

これには多くの視聴者が反応を示し、「完全なパクリ」であると少々騒ぎになっているんですよね。

確かに2曲を聞き比べると、似ているどころか「完全一致」のレベルだと思います。

音の高低差が激しい旋律ですし、偶然の産物だとも考えにくいですが…。

スポンサーリンク?

GReeeeNは「編曲」を行っていた!

不審に思って公式の案内によくよく目を通したところ、次のような記述を見付けました。

■曲名:一緒にいこう
■アーティスト:GReeeeN
■作詞:篠原誠
■作曲:「Take Me Out to the Ball Game」(アルベルト・フォン・ティルツァー)、「Jesus bleibet meine Freude」(ヨハン・セバスティアン・バッハ)をアレンジ
■編曲:GReeeeN

なるほど、「一緒に行こう」はパクリではなく、往年の名曲をアレンジし、組み合わせるという手法で制作されていたんですね^^

そういうわけで、作曲者欄には他の音楽家の名前が表記されており、GReeeeNはあくまでも「編曲」を行った…という位置づけのようです。

作詞と編曲はCMに合わせて実施されたため、確かにCM用の「オリジナル楽曲」であることは間違いありません。

ただこちらの「オリジナル」という言葉だけが独り歩きしてしまったため、多くの音楽ファンから「既存のメロディをまるで新曲のように仕立てた、とんでもないパクリ曲!」との誹りを受けるに至ったようです^^;

まぁSNSの反応等を見る限り、制作者サイドに説明不足な点があったのは否めないとも思いましたが。

ともあれ、事の真相がつまびらかになってスッキリはしましたよね♪

編曲自体も非常にうまく仕上がっていますし、「一緒に行こう」が良曲であることは間違いないでしょう。

ただ一点、「Take Me Out to the Ball Game」が持つ従来のイメージから、CM映像ではサッカーではなく野球の場面を映してほしかったな~と考える、一プロ野球ファンの私なのでした(笑)

スポンサーリンク?