都内の私立大学について情報を集めるうち、「明星大学」に行き当たりました。

一般的に就職活動で有利とされる理工系の学部を擁す大学なのですが、簡単にパスできるFランク大学との評価も目立ちますね。

その実力はどの程度のものなのか、偏差値などの客観的な数値に基づきつつ、具体的にまとめました。



明星大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に明星大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
明星 教育 55
心理 52.5
人文 42.5~50
経済 50
経営 50
建築 37.5~40
理工 37.5
情報 40~45

当ブログのFランク大学の基準①②に明星大学は該当しません。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。

大学群「明明大工目」とは?

(画像引用:https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/3321/hensachi/index.html)

明星大学は「明明大工目」と呼ばれる大学群に属します。

余りメジャーな呼称ではありませんが、「めいめいだいこうもく」と読み、その内訳は「明星大学・明海大学・大正大学・東京工芸大学・目白大学」の5校になりますね。

いずれの大学も首都圏に所在し、難易度は同じくらいといわれています。

その中でも明星大学は「明明大工目においては、一番評価が高い大学」と評されているものの、大学群自体が「誰でも受かる難易度が低い私立大学の括り」という認識である事実は否めません。

相対的にみれば、日東駒専より2ランク以上は下と言わざるを得ないでしょう。

よって明確に「明星大学<<日東駒専」という図式が成り立ち、明星大学は当ブログが定めるFランク大学の条件③に当てはまるものと結論付けます

スポンサーリンク?

偏差値では測れない魅力多数!

(画像引用:https://www.meisei-u.ac.jp/admission/topics/topic04.html)

明星大学は東京都日野市に本部を置く私立大学で、1964年・理工学部を据えて開学しました。

現在は理工学部・人文学部・経済学部・教育学部・経営学部・情報学部・デザイン学部・心理学部の計8学部11学科を有し、大学通信教育課程も設置していますね。

学校の母体となる「学校法人明星学苑」は、既に廃止されたものも含めて複数の系列校を有しており、その中の一つ・医療創生大学(旧:いわき明星大学。2019年4月に名称変更)とは提携関係にあります。

さて、明星大学は入学後すぐに学部学科の枠を越えたグループワークを実施し、各学科の特色を活かした体験型の授業を取り入れています。

ゼミに所属するか否かは学生自身が選択できるなど、自由度も高いので、自らの要望と照らし合わせながらメリハリある学校生活を送る学生が多いですね。

通信教育学部が設置されているので、働きながら教員の資格取得を目指す学生も目立ちます。

高層階から多摩丘陵のパノラマを望める先進的なキャンパスは、映画やドラマのロケで使用されることもあり、ハード面の充実も申し分ないですね。

資料図書館は貴重な所蔵物を豊富に有していますし、明確なビジョンを持っていてそれが学校の特色と合致する場合には、選択する甲斐のある大学だといえるでしょう。

先ほども触れたとおり、偏差値や世間的な評価という点では物足りない部分もありますが、本質的な実力が著しく劣っているわけでもありません。

帝国データバンクが実施する「多摩地区の社長数ランキング」で全国6位に輝くなど、卒業生も大いに活躍しています^^

明確な目標や本人のやる気があれば、充実した大学生活を送ることができそうですね!

関西(近畿)地方のFラン記事一覧はコチラ
中部(東海)地方のFラン記事一覧はコチラ

スポンサーリンク?