【e-gov】エラー不具合の対処方法や解決策を調査!原因も紹介

2022年9月6日から数日に渡り、政府が運営する行政情報のサイト「e-gov」にアクセスやログイン、電子申請が出来ないといったエラー・不具合が発生しています。

このエラー・不具合について対処方法や解決策、原因などを調べてみました。

原因はロシアの悪徳ハッカー集団?

既にニュースにもなっていますが、今回のエラー・不具合はロシアが支持しているハッカー集団「KILLNET」によるサイバー攻撃が原因のようです。

「e-gov」だけでなく、mixiやJCBのオフィシャルサイトにも攻撃したらしく、実際にmixiでも通信障害が発生していると報道されています。

なぜロシアのハッカーが日本をターゲットにしたのか、なぜ「e-gov」やmixi、JCBなのかはよく分かりませんし、報道だけでは不明点が多いのですが、いずれにしても「e-gov」は面倒な事に巻き込まれてしまったという事だけは理解出来ます。

今回は紙媒体で直接申請した方が賢明かも?

通常のエラー・不具合であれば、少なくとも数日以内には復旧するので、基本的には復旧するのを待つというのが一番最善と言えます。

しかし、今回のエラー・不具合は通常と異なり、現時点で復旧のめどが全く立っていない状態です。

ですので、今回に限っては直接役所に行って紙媒体で申請した方が良いように個人的には思います。

特に急いでいない方は復旧のアナウンスを待っても良いと思うのですが、手続きを急いでいる方はニュースや公式サイトのアナウンスを随時チェックして検討してみて下さい。