最新の海外ドラマからディズニーやバラエティーに至るまで、大人気のテレビ番組を無料視聴することができるBS無料チャンネル「Dlife(ディーライフ)」

2012年に開局した同チャンネルはディズニー傘下の放送局として順調な歩みを続け、今や多くのファンを抱える人気のコンテンツとなっていますね^^

それにしてもふと疑問に感じたのですが、Dlifeはなぜ無料で楽しむことができるのでしょう?

SNS等をみても「有料チャンネルと比べてもそん色ない内容なのに、どうして無料なの!?」と疑問に感じている方が多い様子でしたので、その理由に迫りました。



Dlifeが無料なのはコレのおかげ!

(画像引用:https://asteroidcowboy.blog.fc2.com)

DlifeはBSデジタルチューナー内蔵テレビとBSアンテナがあれば、無料で視聴することが可能です。

もっと言うとBSデジタル放送を視聴できる環境下なら、チャンネル番号を選択するだけで誰でも楽しむことができますね^^

ではその運営費はどこから捻出されているかというと、公式サイトには「コマーシャルによる企業様からの広告収入にて無料放送を運営している」との明言があります。

非常にシンプルな話ではありますが、Dlifeは番組途中に盛り込まれるCMによって収入を得ているわけです!

確かに他の有料チャンネルにおいては、せいぜい同局の番宣が流れる程度で民放のような企業CMを見掛けることはありません。

一方のDlifeでは普通に飲料水のCMなどもOAされており、チャンネルが無料なのはこういった「広告のおかげ」だったのです。

スポンサーリンク?

企業も注目するDlifeの存在!

ちなみにDlifeの視聴者は、「20代~40代女性」が多いという傾向が顕著に表れているといいます。

実際にDlifeのプログラムをみると、このあたりの層やその子どもに訴求力がありそうな番組が多くラインナップされていますよね^^

料理番組にディズニー作品にとジャンルも多彩なので、生活のリズムに合わせて一日の大半をDlifeと共に過ごしているという方も多いでしょう。

それゆえ企業の立場からしても、Dlifeは「他のメディアで取り込みにくい女性層が効率的に取れる」魅力的な媒体なのだそうです。

局の特性を理解した上で「この商材は是非DlifeでPRしたい」と考える企業が増えているらしく、その状況がDlifeの営業面に追い風となっている一面があるんですね。

もちろんDlife自体の知名度・影響力もどんどんアップしてきていますから、このように良い循環は今後も続いていくと期待できるでしょう。

なるほどDlifeが無料で提供される背景には、様々なマーケティング上の理由や営業努力が存在していると分かりました。

視聴者としてはシンプルに、これだけのコンテンツをタダで享受できるという点が大変ありがたいですよね!

テレビ離れが叫ばれるさなかにあり、Dlifeの打ち出した成功モデルは大変興味深いものだとも感じます。

スポンサーリンク?