アマゾン(Amazon)で買い物をすると、配送業者にデリバリープロバイダが指定されることがあります。

デリバリープロバイダとは「Amazon.co.jpと連携している地域限定の配送業者」の総称で、「TMG・SBS即配サポート・札幌通運・丸和運輸機関・若葉ネットワーク・ギオンデリバリーサービス・ヒップスタイル・遠州トラック・ロジネットジャパン西日本」という9つの企業によって構成されていますね。

これら企業の配達エリアに居住しており、なおかつ「お届け指定便」「コンビニ受け取り」といった特別な指定を入れなかった場合にデリバリープロバイダ扱いとなるケースはかなり多いので、ほとんどのユーザーにとって関りを持つ可能性が高い相手でしょう。

ただデリバリープロバイダに絡んでは「荷物がなかなか届かない」「指定の配達時間を守らない」等の報告が上がっており、実際利用時に不安を感じることも少なくないんですよね…。

そこで今回の記事では万が一の際に慌てることがないよう、デリバリープロバイダの問い合わせ先等について具体的に押さえておくこととしましょう!



デリバリープロバイダの電話番号は?

早速ですが、アマゾンの「ヘルプ&カスタマーサービス」に記載された「配送業者の連絡先」欄に目をとおすと、デリバリープロバイダの問い合わせ電話番号は「0120-130-661」となっています。

先ほどデリバリープロバイダは9つの企業の総称であるとお伝えしましたが、どの配送業者が荷物を運んでいる場合にも、こちらの番号に問い合わせ電話を入れてOKですよ^^

デリバリープロバイダの問い合わせ窓口は、一本化されているわけですね。

なおこちらのフリーダイヤルは受付時間が9:00-21:00の間となっていますので、留意しておきましょう。

ただ自動電話受付ですと、24時間稼働している番号もあります。

そちらの連絡先は「050-5525-7445」となっていますので、時間帯によってはコチラを利用すると良いですね。

スポンサーリンク?

再配達依頼の手順を紹介!

次に、再配達を依頼する場合の手順についてご説明いたします。

デリバリープロバイダの中でも「TMG・SBS即配サポート・札幌通運」の3社に関しては、「再配達依頼サービス」のフォームから依頼を掛けることができる仕組みです。

再配達を依頼したい不在伝票のお問い合わせ番号を入力し、「再配達の依頼を開始する」ボタンを押すだけの簡単なシステムですので、是非利用してみてください。

こちらのフォームに対応していない配送業者に関しては、先ほどお伝えした24時間体制の自動電話受付「050-5525-7445」へ連絡を入れ、音声の指示に従いながら再配達の依頼を進めます。

なおTMG・SBS即配サポート・札幌通運の3社についても「検索システムがうまく稼働しない場合がある」との報告が上がっていますが、その際も同じ電話番号へ問い合わせてみてください!

また問い合わせ番号がDAから始まる配送業者ADPについては、不在票を用いて依頼を掛けるシステムですので、票の中央に記載された再配達用の連絡先へ直接電話を掛けてくださいね^^

Amazonデリバリープロバイダを回避し避ける方法を紹介!
アマゾン(Amazon)を利用すると、配送業者が「ADP」となっているケースが度々見受けられます。ADPとは「アマゾン・デリバリー・プロバイダ」の略で、「Amazon.co.jpと...

スポンサーリンク?