Twitterに「ダーウィン社長」を名乗る謎の人物が登場し、プレゼント企画などと称しながら、見も知らぬユーザーたちにお金をばらまこうとしています。

一体、ダーウィン社長とは何者なのでしょう?

お金を受け取ったという方が本当に存在するのかも含め、その正体に迫りました。



ダーウィン社長の不可解な動きとは?

(画像引用:https://twitter.com/darwinshacho)

早速、Twitterにて「ダーウィン社長」のアカウントをチェックします。

進化論で有名なチャールズ・ダーウィンの近影画像が、妙に目を引きますね。

プロフィール欄を読むと「ダーウィン社長と申します」という簡単な自己紹介文に始まり、投資企業の代表取締役を勤めていること・金を腐るほど持っていることなど、見るものを煽るような文言が次々と目に留まりました。

加えて「今の日本を変えたい」という動機から、誰でも参加でき、100%必ずもらえるプレゼント企画を定期的に開催することが告げられていますね。

そして実際にツイートを確認したところ、「新たに10億円用意しました 既に7545人に配布済みです まだまだ配布していきます 参加者全員に配り切ります」といった信じられないような内容が、畳みかけるように投稿されています。

企画への参加方法は「フォローとRTだけ」で、参加資格も特には設けられていませんから、それこそ興味があれば誰もがアプローチできますね。

「直ぐにDMに送ります」との説明も添えられており、参加者は速やかに受け取り手続きへ進めるような様子もうかがえます。

仮に本当であればこれ以上ないほどにウマイ話ですから、該当のツイートには希望者からのコメントが殺到していますよ!

どれも「切実にお願いします!」「信じて待っています」等、受け取りを熱望する内容ばかりで、異様な雰囲気を醸し出していますね;

ただ当然といえば当然かもしれませんが「実際にダーウィン社長から金銭等を受領した」という喜びの報告や感謝の言葉は、一切見受けられません。

そこで一旦アカウントを離れて調べ直してみると、「DMの返信なんて一切届かない。堂々と嘘をつき、人を馬鹿にして!」「ダーウィン社長は100%詐欺。実際に金や物をもらった人なんて誰もいない」といったコメントが散見されました。

ダーウィン社長自身は大盤振る舞いを続けているかのようにみせていますが、実際に受け取りまで完了したという報告は一つもないですし、冷静に考えてみても、その言動は真っ赤な嘘・詐欺であるとみてほぼ間違いないでしょう。

ダーウィン社長の身元も、全く明かされていませんしね;

スポンサーリンク?

ダーウィン社長の新の目的は!?

このようなバラマキ企画といえば、ZOZOの前澤元社長が実施して大いに注目を集めた「1億円バラマキ」キャンペーンが記憶に新しいですね。

実際このような例があったからこそ、ダーウィン社長を第二の前澤氏と目し、「本当の話かもしれない」と期待した方も多いものと推察します。

ちなみに前澤氏が仕掛けたバラマキは「マーケティング」の一種であり、「フォロワー獲得」の狙いがあったと思われますよ。

企業がSNSを活用してマーケティングを行う事例は増えており、さしてめずらしくもありませんが、このような大胆な手法を採れば、普通に広告を出稿するよりも注目度は格段にアップしますからね!

同じように、ダーウィン社長は「お金が余っているので日本を変える手助けとしたい」といった趣旨の発言を行ってはいるものの、その真の目的は「フォロワー数の大量増加」であるとみられています。

無い袖を振りながら人々を翻弄してほくそ笑む、「愉快犯」的な性格もあるかもしれません。

そして周囲の熱狂ぶりを見る限り、その目的は既に達成されたといっても良さそうです。

お金が欲しいという誰もが抱く願望に訴えて注目を集めるとは、実際の見返りは与えていなことも加わって、本当に腹立たしい限りですね。

とにもかくにも、このような輩に関わるのは時間の無駄ですから、放っておくのが一番でしょう。

スポンサーリンク?