中学時代の同級生で結成された6人組のYouTuber「だいにぐるーぷ」のメンバー・須藤さんが、「1週間心霊スポット生活」に挑戦しています。

だいにぐるーぷ「ビビリが心霊スポットで1週間生活してみた【1日目】」のYouTube動画はコチラ

今回の舞台はシリーズ最大級の規模を誇るという触れ込みの「廃墟ホテル」で、映像をチェックすると確かに相当大きな建造物のようですね!

そもそも廃墟というジャンル自体が抗いがたいロマンを感じさせるものですし、実際に廃墟マニアも多く存在することもあってか、現在SNS等では「撮影場所になった廃墟ホテルは、どこに存在するのだろう!?」という声が噴出しています。

動画の趣旨から少し外れ、撮影場所となった廃墟の詳細を知りたいという方が大勢いらっしゃるわけですね^^

そこで今回は動画に登場する廃墟ホテルの情報を、詳しくお伝えしたいと思います!



撮影場所の廃墟ホテルは特定済み!

(画像引用:https://www.youtube.com/watch?v=wlyUMvEOmMI)

結論から申し上げますと、廃墟ホテルの所在地や名称は既に特定されています。

撮影現場になったのは、福島県いわき市にある通称「ヘレナ国際ホテル」ですね。

廃墟とはいいながら、こちらの建物は「ヘレナ・インターナショナルクラブ」の一施設として管理されており、宿泊施設ではなく「撮影ロケ地」として活躍しています。

東京から2時間半という立地に加え、車走行可能な私有地やバックヤードを撮影できる点、更にはその巨大さゆえにホテル・スタジアム・地下通路といったあらゆる施設を有すことも相まって、MVの撮影等でも重宝されているようですね!

なお先ほど紹介した動画の0:02あたりに登場するホテル内部の様子が、ヘレナ・インターナショナルクラブ公式サイトに掲載されている「シチュエーション別 広めな空間」の紹介画像と完全に一致しているので、「撮影場所=ヘレナ国際ホテル」というのは間違いない情報です。

スポンサーリンク?

ホテルはそもそも「未完成」だった!

なお大変興味深いことに、ヘレナ国際ホテルは過去にも「ホテル」として営業していたことはありません。

バブル末期に長期滞在リゾート地を構想して造られたものの、完成間近になってバブルが崩壊し、計画が頓挫してしまったんですね;

それゆえヘレナ国際ホテルは開業を待たずして、宿泊施設としての役割を一度も果たさないまま廃墟になったというわけです。

ちなみに私も多少廃墟を嗜むのですが(笑)、「完成しないまま廃墟になった建物」は意外と多くて、マニアたちが「予定どおり人に使われていれば、こういう未来があったのかな~」などと想像力を働かせながら楽しむ対象になっていますね。

ともあれヘレナ国際ホテルは客を泊めたことのない建物ですから、例えば宿泊客が死亡して…などという曰くも一切ありません!

余りに巨大な施設ががらんどうという点で雰囲気はあるものの、心霊スポットとして有名という話も聞いたことがありませんね。

それゆえ心霊スポットという設定は、あくまで動画演出上の「後付け」であると考えます。

万が一幽霊が出るという話があるにしても、前述のとおり同施設は撮影ロケ地として商売をしているわけで、堂々と施設名を挙げながら変な噂を流すのは問題だと思いますが^^;

ただ通常の廃墟は管理者との交渉等が難航することに加え、手付かずで放置されていると足を踏み入れるだけでも大変な危険を伴うことがあるので、様々な条件から今回の撮影スポットとしてヘレナ国際ホテルに白羽の矢が立ったのでしょう。

スポンサーリンク?