Amazon等で買い物をする際、配送に関する説明文に「お客様の商品はChina Postでお届けいたします」との表記を見掛けることがあります。

できるだけチャイナポスト(China Post)には関わりたくないとおっしゃる方も多いようなので、そもそもチャイナポストとは何なのか・どうして敬遠されているのか等について、具体的にまとめてみました。



チャイナポストは中国版日本郵政?

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/中国郵政)

漢字で「中国郵政」と表記するチャイナポストは、中国において郵便事業を主軸とし、銀行等の金融業務・宅配等の物流を扱う国営企業(中央企業)です。

そのネーミングどおり「中国版日本郵政」ととらえていただいて差し支えありません。

「チャイナポストの荷物はなかなか届かない」との声を耳にするのは、単純に該当の荷物が海外から発送されているため、配達に時間を要すことも一因というわけです。

それにしたって遅すぎるという評価も多いのが実情ではありますが^^;

とはいえ何といっても、チャイナポストは一応、国営企業ですからね。

利用者の口コミを見ると「余りに時間が掛かるため途中で心配になったが、辛抱強く待つうちに荷物はちゃんと届いた」「到着が予想より大幅に遅れて心配した。ただ受け取った荷物自体は梱包も丁寧で、問題はなかった」といった声がほとんどで、「配達日数が余りにも掛かるが、悪質なトラブルに巻き込まれるようなことはない」という認識で一致しているようでした。

スポンサーリンク?

チャイナポストの追跡方法を紹介!

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/中国郵政)

とりあえず、遅いながらも品物は届くという点では一安心です。

ただ受け取りまでに1か月程度を要することはザラにありますし、何となく中国企業はずさんというイメージが広まっていることも相まって、ひたすら待つだけだと不安すぎると感じる方もいらっしゃるようです。

これは当然のことですね。

そのような場合、チャイナポストには一応「追跡機能」が付いておりますので、利用してみると良いでしょう。

中国のサイトからの確認となるものの、表記自体は日本語ですので、気軽に利用できますね。

加えてチャイナポストは日本郵政と提携関係にあるため、郵便局の個別番号検索からも追跡は可能です。

ただし反映がとにかく遅く、下手をすれば数日から数週間に及ぶタイムラグが発生しますので、急ぎの場合は中国のサイトから調べた方が良さそうです。

なおチャイナポストは輸送に時間の掛かる「船便」を重用しているらしく、追跡サイトを眺めてやきもきするくらいなら、初めから利用しない方が良いとの指摘も少なくありません。

チャイナポストは「安さ重視で、お届け日数を問わない買い物向け」というのが、ネット通販ユーザー間の認識というわけです。

このあたりの特性を理解したうえで状況に応じた付き合い方をすれば、配達日数に絡むストレスも少しは軽減されるのではないでしょうか?

スポンサーリンク?