以前、中国へ旅行した友人から「変面」のパフォーマンス動画を見せてもらったことがあります。

変面とは一瞬で面を変える中国の伝統芸能のことで、中国雑技等で披露されていますね。

動画をチェックすると、なるほど登場する変面師の顔は目にもとまらぬ速さで一変しており、まるで魔法を見ているような気分になりました。

この驚くべきパフォーマンスを実現する変面のカラクリとは、一体どのようなものなのでしょう?



変面の仕組みは国家機密!?

(画像引用:https://www.youtube.com/watch?v=qPBkegjjPSQ)

動画視聴後、当然ながら変面の仕組み知りたいと感じたのですが、その場にいた友人も「変面の仕組みは中国の国家機密だから、教えることはできない」とだけ説明を受けたそうで、種明かしは一切なかったといいます。

変面の秘密はある種、「神聖なもの」として扱われている様子ですね。

しかし8月11日放送回の「乃木坂工事中」(テレビ東京系)において、人気メンバーの齋藤 飛鳥さんが変面に言及したことを受け、そのカラクリを知りたいという気持ちがふつふつと再燃してきたのです^^;

ただ関連ページを当たってみても、やはり変面師たちはその仕組みに関して固く口を閉ざしており、イベント出演時にも他の演者とは別の控え室を用意するよう依頼している様子でした。

準備段階で何らかの「仕込み」が必要ということでしょうが、これだけの情報では具体的なカラクリを理解することはできませんね。

スポンサーリンク?

変面の仕組みはコレだった…?

ただ変面関係者たちが秘密を貫きとおす一方、非公式の部分ではその仕組みに絡んで有力な情報が流れています。

どうやら変面は「薄い仮面(布のようなもの)を何枚も重ねた状態で装着し、それを目にもとまらぬ速さで剥がしていく」ことによって成立する技らしいのです!

そしてこの説は、ほぼ100%の確率で正解であると考えますね。

というのも、私自身も正統な変面師ではない人物がネタ半分に演技を披露している様子を目にしたことがあるのですが、その際に上の面がうまく剥がれきらず、半顔のような状態になっているのを確認したんですよ;

そう考えると変面のすごさはその仕組みではなく、知ってしまえばシンプルなカラクリを魔法のようにして魅せる変面師の技量にこそあるのだと感じます。

このような記事を書いておいて何ですが、その手法だけを知って「なんだ、結構単純だな」などと腹落ちさせるのは、野暮というものでしょうね。

また公式にネタバレがされてない以上、こちらの説だって絶対に間違っていないと証明することはできません。

「面を重ねていると考えれば説明は付くけど、もしかすると本当に中国の伝統が生み出した魔法なのかもな」と考える方がずっと夢がありますし、あながち間違でもない気がしますよね^^

スポンサーリンク?