「セリーヌ(CELINE)」のヴィンテージバッグが大好きで、関連の画像を見てはうっとりしています(笑)

セリーヌはデザインに品がありますし、世界中で長く愛されているブランドというだけあって、素晴らしい品を送り出し続けていますよね^^

ただその人気を逆手に取り、偽物のバッグも数多く出回っているようです。

特に定番商品のラゲージや、セレブに愛用者が多いことで知られるトリオバッグに絡んでは、悪質な偽物の販売が後を絶たないようですね。

といったわけで今回は、セリーヌの偽物を判別する方法について詳しくお伝えしたいと思います!



ラゲージの偽物はどう見分ける?

まずはラゲージに関して具体的にみていきましょう。

偽物商品全般にいえることかもしれませんが、まず確認したいのはブランドの刻印ですね。

本物の刻印が若干茶色掛かった重厚な印象の金であるのに対し、偽物は黄色みが強く、どこか安っぽい印象を受けます。

正面のファスナーは長さが短く、今一つバランスが悪いですね。

バッグのサイド部分に目を向けると不自然なしわが目立ち、ファスナー先端のレザーが妙に分厚くなっている点も偽物の特徴でしょう。

内ポケットのステッチが2つのラインになっているものも怪しいです。

あとは刻印が浅くて見えづらいものも、偽物を疑った方が良いですね。

スポンサーリンク?

トリオバッグの偽物にも要注意!

(画像引用:https://item.fril.jp/06f34ca7bac3c442344493032f7f8380)

大人女子の憧れであるトリオ ラージ等に関しても、やはり偽物が多くなっていますよ;

パッと見で判別できる特徴といえば、偽物は何だか丸っこいケースが目立ちます。

トリオバッグはカチっとしたフォルムが魅力的なのに、全体的に丸みを帯びており、そこはかとなくダサいんですよね^^;

ちょっと台形っぽい形状になっているものも見受けられますよ。

(画像引用:https://item.fril.jp/06f34ca7bac3c442344493032f7f8380)

あとはやはりロゴが黄色掛かっており、文字の部分が消え入りそうなほど弱々しい見た目になっているケースもあるようです。

シリアルコードがきちんとあるかも確認しておきたいですね。

その他に分かりやすいところでは、本物のジッパーが閉めた時にジッパータグと同じ方へベルトの調整部がくるのに対し、偽物は逆になっていることがありますので、注視してみてください。

本物と並べなければ気付きづらい差異も多いですが、慎重に見極める必要があるでしょうね。

とりあえず「不自然に安い価格で取引されているものは偽物の確率が高い」と念頭に置いておくことも、当たり前ではあるものの重要ではないかと感じます。

目立った傷もなさそうなのに2万円程度で取引されているケースなどは、やはり不自然ですよね。

お買い得な品に見えても偽物をつかまされてしまうと無意味ですので、相場より安いものがあったからといって安易に飛びつくのは避けましょう。

スポンサーリンク?