ReLIFEで有名な夜宵草(やよいそう)さんによる漫画「ブルーハーツ」に登場する暗号が、大変難解であるとして注目を集めています。

私自身も答えが気になったため、解読方法についてアレコレ考察してみましたよ!



暗号の「考え方」を考察!

問題の暗号は、作中で自殺した女の子が親友に宛てた遺書的なものとして登場しています。

よって彼女の死にまつわるキーワードが、暗号に秘められた答えであると推察されますね。

では今回の暗号が何を示しているのかというと、一言でいえば「五十音票の読み方」を伝えているものと考えます。

パッと見では意味の通じない平仮名の羅列が記され、そこに矢印が加えられていたことから、ピンときました。

そしてSNS等を見る限り、この考え方はひとまず正解のようです。

メモに並べられた平仮名を左上から順に五十音表と照合して、矢印の方向に従いながら指定の文字を一つずつ拾っていくと、意味のある文章が出来上がりましたよ!

スポンサーリンク?

暗号が示すメッセージとは?

軸となる考え方を押さえたうえで、もう少し具体的な内容を見ていきますので、自力で解きたいという方は先ほどお伝えした考え方をヒントとし、これより先の文章は後で読んでいただくと良いかもしれません^^;

さて今回の暗号を解くに当たっては、手元に五十音表があると大変分かりやすいです。

まずは一番左上に記された「み」という文字及び、「右→上↑右→」と進む矢印の方向に注目しましょう。

五十音表の「み」を起点として、右に1・上に1・もう一度右に1進むと、行きついた先の平仮名は「な」となります。

次に記された「ち」も同じように進めていくと、「か」にたどり着きますね。

暗号に並べられたすべての平仮名について、同じ作業を繰り返してみてください。

なお「行き止まったらもう一周プラス」というのは、五十音表の端っこまで来てしまったら、初めに戻るという意味でしょう。

例えば五十音票において「あ」の上に文字はありませんが、もう一度ぐるりと周って「お」が正解ということです。

同様に、「あ」の一つ右は「ん」ですね。

このようにして暗号(それぞれの平仮名)を読み進めていくと、「な・か・に・わ・べ・ん・ち・の・し・た・ほ…」という文章が浮かび上がってきます。

「中庭ベンチの下」に何かあるというメッセージでしょう。

ただ最後に記された④の示すところについては、残念ながら答えを見つけることができませんでした^^;

遺書という性質を鑑みるに、完成すべき文章は「中庭ベンチの下掘れ」だと思うのですが、④をどうやって文字に紐づけるかという点については、答え合わせを待ちたいです。

とりあえず五十音表に関連する暗号だという点に気付かなければ、全く訳が分からないメッセージにはなりますね。

スポンサーリンク?