ニキビあとをケアし、少しでも自然で美しい肌に整えたい。

多くの女性が抱く、切実な願いだと思います。

私自身も結構ニキビができやすい体質なので、どういった対策が効果的なのか、非常に気に掛かっているんですよね;

ということで今回は、特に注目度が高い「バイオイル(Bioil)」「メラノCC」という2つのアイテムに着目し、どちらがよりニキビあとに優れた効果を発揮するのか、考察してみたいと思います。



各製品の概要をチェック!

まずは各アイテムの概要について押さえておきましょう。

バイオイルはニキビあとのみならず、キズあとや妊娠線などにも使用できる「スキンケアオイル(化粧品)」です。

同製品は「各種傷跡の保湿」に特化したものなので、ニキビが治りきっていない肌へ使用することはできません。

あくまでもニキビが完治して健常な状態に戻った肌にくるくるとマッサージしながら塗ることで、保湿効果によりニキビあとをキレイに見せる(取り除くことは不可)商品というわけですね!

一方のメラノCCは、薬用のしみ集中対策美容液です。

ロート製薬が効き目にこだわって開発した医薬部外品で、素早く浸透し、透明感のある肌へ導くと謳われていますよ。

また「うるおい成分」が豊富に配合されているため、ニキビあとや毛穴が気になる肌にもうるおいを与えて肌を整え、毛穴の目立ちにくい・なめらかな状態を実現してくれるのだとか。

殺菌成分&抗炎症成分配合で、気になるニキビの「予防」にも一役買ってくれるという点が心強いです。

スポンサーリンク?

ニキビあとに効くのはどっち?

そういったわけで同じ「ニキビあと」に効果を発揮するといっても、両者の性質や特徴は大きく異なります。

もちろん好みもあるでしょうが、より「ニキビ」に特化した製品を求めるのであれば、個人的にはメラノCCをオススメしたいですね。

やはりニキビやシミの予防まで行ってくれるという点は、非常に有難いです!

バイオイルはどちらかといえば、様々な傷跡を幅広く保湿ケアしてくれる「万能オイル」といった印象を受けました。

それぞれの商品に寄せられた口コミをチェックしても、「とにかくニキビにフォーカスしたいならば、メラノCCの方がオススメ」という声が目立ちましたね。

実際に使ってみて、しっかり効果を実感できたという喜びの声も多かったです。

とはいえ、バイオイル自体も評判の良い商品であることは確かですよ!

あくまでも「ニキビ」という切り口でいえばメラノCCを推す声が多いですが、バイオイルは様々な部位に使用でき、しっかりとした保湿効果を発揮してくれるので、一本持っておいて損はないという評判もたくさん聞こえます。

ちなみにメラノCC・バイオイルともにコスパは良く、割と簡単に買い求めることができますから、どちらも気になるという方は両方試してみるのも一案でしょうね^^

スポンサーリンク?