女性といえど、顔の産毛が気になることって結構ありますよね。

口周りなんか、他人から見ても目に付くのではないかと心配になることもしばしばです。しかしながら、その正しい処理方法を問われても、明確に答えられる方は少ないのではないでしょうか?

ということで今回は、「顔の産毛」のアレコレに迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク?

なぜ顔の産毛が濃くなるの?

女性の顔に生えた産毛が濃くなってしまう理由に関しては、幾つかの原因が考えられます。

遺伝などによって、もともとの体毛が濃いというケースもありますし、後天的な肌のダメージのせいで、次第にムダ毛が増えることも少なくありません。

また、ホルモンバランスの乱れで男性ホルモンが優勢になり、顔の産毛が目立つようになってしまうことも考えられます。

ですから、生まれついての体質はある程度仕方ないものの、規則正しくストレスフリーな生活を心掛け、かつ正しい処理を行い顔の皮膚に掛かる負担を最小限に抑えることで、女性の産毛はある程度目立たないように内から改善することも可能なのです。

具体的な例を挙げれば、女性ホルモンに似た働きをしてくれる大豆の摂取や、豆乳・パイナップルなどの成分を配合したローションの使用などが役立つといわれていますね。

スポンサーリンク?

顔の産毛はどのように処理するのが正解?

とはいえ、一旦生えてしまった産毛はやはりサクっと処理してしまいたいもの。

実際に産毛が無くなれば肌の水分量・油分量が上昇し、みずみずしくシワの少ない肌ができあがりますし、速攻で肌全体が明るくなり、透明感がアップしたと実感することができます。

毛穴が目立たなくなり、化粧のノリも格段によくなりますね。

では、どのような処理が最適なのかということですが、個人的に一番にオススメしたいのは、やはり「医療脱毛」です。

半端な自己処理で肌をボロボロにしてしまう前に、医師の力を借りようというわけですね。

私自身、医療脱毛経験者なのですが、「なぜもっと早く美容外科に足を運ばなかったのだろう」と本当に後悔しました。

医療脱毛では肌のケアを十分に行いつつも、エステより強度の高い機器を扱っているため、短期間で様々な負担を最小限に抑えた脱毛が可能です。

とはいえやはりお値段の問題はありますから、自己処理が必要なケースもありますよね。

そこで、剃刀を使ったケアの正しい手順について、以下に記します。

1. 蒸しタオルや風呂で肌を柔らかくし、毛穴を広げる
2. 肌の負担を軽減するため、顔にクリームを塗る
3. 皮膚を手でひっぱりながら優しく剃刀をあてていく。同じ個所を何度も剃るのはNG。
4. 濡れたタオルで顔を拭き、たっぷりの化粧水で肌を整える。仕上げは乳液やクリームで十分な保湿を!

自己処理についても、肌をいたわりながら丁寧に行うことが必須というわけですね!
自身の肌、しかも顔という重要なパーツを扱うわけですから、手間を惜しまずに優しくケアしてあげましょう^^

スポンサーリンク?