Apple WalletとApple Payという機能を知っていますか?

iPhoneに搭載されている機能の一つで、意外と使いこなせていない人も多いのではないでしょうか?使いこなすと便利な機能です。

今回は、Apple WalletとApple Payの違いと、使い方について紹介していきます。

Apple WalletとApple Payの使い方を知りたい人や、iPhone使用初心者の人は必見です!

スポンサーリンク?

Apple WalletとApple Payの違いとは?

まずはApple WalletとApple Payの違いについて解説していきます。Apple WalletとApple Payの違いがわからない人は是非参考に読んでみてください。

Apple Walletができること

AppleWalletは支払いに必要なカードやチケットの情報をiPhoneに登録しておくことができる機能です。

【主に活躍する機能】
・航空チケットの保管
・映画チケットの保管
・カード情報の登録

支払いカードの登録はApple Payで行います。そのほかのチケット情報はApple Walletに登録しておくことができます。iPhoneの中にあるデジタル財布というイメージです。

Apple Payができること

Apple Payができることは基本的に「お金のキャッシュレス」です。現金やカードそのものを持たなくてもお買い物ができるようになります。

そのためApple Payが使用できる場所だけで買い物や生活をすれば財布いらずで生活ができます。

【主に活躍する機能】
・交通機関での支払い
・プリペイドカードやクレジットカードが不要になる

特に便利なのはタッチIDでクレジットカードの署名を省略できる場合があることです。

実店舗でもWEBやアプリ上の支払いでも対応しているので、スピーディな買い物がしたい人におすすめです。

スポンサーリンク?

Apple WalletとApple Payの使い方解説!

Apple WalletとApple Payはチケットやカードの情報を「保管する場所」、代金を「支払いをする・カードの登録ができる」という違いがありました。

ここでは実際の使い方について解説していきます。

Apple Walletの使い方

Apple Walletは「チケットの登録」「プリペイドカード・クレジットカードの保管」ができます。「プリペイドカード・クレジットカードの保管」はApple Payの部分で併せて紹介します。

【チケットの登録方法】
①航空券や映画チケットを発券した際に、「QRコードを取得」を選択します。
②「Walletに登録」というボタンがあるので、タップします。

この作業でWalletに登録されます。Apple Walletに対応していないサイトやアプリケーションの場合は登録ができません。

チケットを使用するときは、以下の作業で使用できます。

③ホーム画面から「Wallet」を開く
④利用するチケットを選ぶ

この作業だけです。

Apple Payのの使い方

Apple Payは主に支払いのキャッシュレスができます。

【カードの登録】
①ホーム画面から「Wallet」を開く
②「カードを追加」を選択
③画面の案内に沿って情報入力をする

銀行やカードの確認が取れると「Wallet」にカードが表示されるようになります。カードをしようする際は「Wallet」から使用したいカードを選択するだけです。

Suicaの場合は「エクスプレスカード」として設定しておくと便利です。

「Wallet」を開かなくても、ICタッチにかざすだけで改札が通れます。

【エクスプレスカードの設定方法】
①「設定」を開く
②「WalletとApple Pay」を開く
③「エクスプレスカード」でSuicaを選択する

iPhoneを譲渡や売却する前の初期化方法を解説!自分のデータを削除!
IPhoneを新しくした時に今まで使用していたiPhoneを売却や譲渡しようと考えている人はいませんか?自分のアカウントを古いiPhoneに残したままだと古いiPhoneが新しいiPh...

スポンサーリンク?