Amazonを眺めていると、「並行輸入品」と記された通常より割安の商品をよく見掛けます。

安い分には大歓迎なのですが、「並行輸入品は偽物の可能性がある」といった評判も耳にしますし、正確な情報なしに手を出すのはためらわれますよね;

そういったわけで今回は「正規輸入品/並行輸入品」の定義を明確にするとともに、Amazonの並行輸入品が偽物という恐れはあるのか調べてみました。



そもそも「正規輸入品/並行輸入品」って?

まず正規輸入品とは、文字どおり「正規のルート」で輸入された品物のことを指します。

もう少し具体的にいうと、海外のメーカーと正式に輸入・販売代理店契約を結んだ「正規代理店」や、「メーカー直営店」で販売される商品が正規輸入品に当たりますね。

一方の並行輸入品は、一言で表すならば「メーカーが認める正規輸入代理店以外を通じて国内に輸入された商品」のことです。

正規輸入代理店を通さずに仕入れられるため、正規代理店取扱商品に比べて価格が安い・国内未発売の商品を購入できるといったメリットは確かにあるのですが、並行輸入品は一定のリスクを抱えていることも留意しなければなりません。

スポンサーリンク?

Amazonの並行輸入品は偽物なの!?

Amazonは取り扱いの並行輸入品について、以下のような制限が発生する可能性を示唆しています。

・一部の商品を除き、正規輸入代理店またはメーカーの保証や修理を受けることができない
・製品のパッケージや説明書等が、日本語の表記でない場合がある。
・製品の仕様が正規代理店取扱商品と異なり、日本国内での使用に制限がある場合がある
・仕入れルートの違いにより、商品箱や装飾等に誤差が発生する可能性がある

「安い分、不都合が生じるかもしれないよ」といったところでしょうか。

加えてAmazonサイドはこういった可能性を提示した上で、「これらについて、Amazon.co.jp ではサポートを受け付けておりません」と言い切っていますね。

「Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する並行輸入品には、出品者が個別に定める条件が適用されます」「商品の性質や仕入れ、流通経路については販売元にお問い合わせください」といった記述もありますから、取引は当事者間のやり取りで、そして利用は自己責任で!というスタンスなのでしょう。

偽物である可能性については明確な言及がないものの、Amazonとしてトラブルが起きるかもしれないとの認識を抱いていることは、伝わってきますよね。

実際のところAmazonの商品に限らず、並行輸入品は「偽物である可能性を否定できない商品」と理解しておくべきでしょう。

もちろんすべてが偽物とは言いませんが、「リスクもあるから安く買える」という考え方で間違っていない気がします。

それゆえ並行輸入品の購入を検討する際には、値段ばかりに着目せず、かなり慎重になった方が良いでしょうね。

スポンサーリンク?