お笑い界の2大巨頭である志村 けんさんと笑福亭鶴瓶さんが旬のゲストを招いて繰り広げる、正月恒例の人気特番「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」(テレビ朝日系)。

98年から始まった同番組は“お正月の風物詩”として大勢のファンを抱えており、これを見なければ一年が始まらないという視聴者もいらっしゃいますね。

こと名物企画である「志村・鶴瓶vsナインティナインの英語禁止ボウリング対決!!」は毎年注目度が高く、SNS等をチェックすると、次回の放送を心待ちにする声が幾つも寄せられています。

一方で、2020年の放送スケジュールに絡む具体的な情報が一切流れていない状況が非常に気掛かりです。

例年の流れであれば、数日内にもO.A.があっておかしくないタイミングなのですが、英語禁止ボウリング対決・2020はいつ放送されるのでしょう?



2019年の放送は例年どおりであったが…?

(画像引用:https://www.tv-asahi.co.jp/abunaikouyuroku/)

年はじめに志村さんと鶴瓶さんがそろい踏みし、あらゆるゲストを招いて“新年のご挨拶”をする「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」は、トークありゲームありで盛り上がる1時間半の新春バラエティ番組です。

その趣旨にのっとり、毎年1月2日に放送されるのがお約束ですね。

2019年の場合も1月2日(水)夜11時40分にスタートし、“神社ボーイ”を自称する南海キャンディーズの山里 亮太さんと“今最も旬な女優”と話題の今田 美桜さんを迎えた「新春開運ツアー」等の企画で、大いに盛り上がりました。

また視聴者の期待どおり、番組名物の元祖「英語禁止ボウリング対決」もO.A.されています。

英語禁止ボウリング対決は“会話の中で英語は一切禁止”という厳しいルールのもと、志村さん・鶴瓶さん、そしてナインティナインの2人が四苦八苦する様子が見どころの企画ですね。

分かっていても連発してしまう英単語に次々と罰金箱行きとなる千円札、見事ストライクを出すと与えられるコスプレ美女たちからのご褒美…。

参加する4人も同企画を楽しみにしているらしく、以前志村さんは「勝ち負けじゃないよね、やることに意義がある」と語り、矢部さんも「結婚してから、この番組が楽しみになってきた。他ではないしね、ここは公認だし(笑)」と、美女との絡みを期待している様子でした。

しかしながら暮れも押し迫った今のタイミングにあっても、英語禁止ボウリング対決はおろか、番組自体のO.A.情報も何ら流れておりません。

2020年1月2日のテレビ番組表に危ない交友録の記載は見つかりませんし、テレ朝の番組ページも前回の内容から全く更新されていませんね。

スポンサーリンク?

番組そのものが静かに終了していた!?

このような状況を押さえつつ関連の情報を探ってみると、どうやら「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」は2020年の放送予定がなく、前年を最後に事実上22年間の歴史に幕を下ろしたということで確定と見られているようです。

年明けの番組表やテレ朝の公式サイトを鑑みても、“同番組は2019年が最終回だった”と考えるのが自然でしょうね。

人気番組が静かに去ってしまったことを受け、ネット上には早くも嘆きの声が寄せられていますが、「番組の性質上、これ以上は続けられなかったのかもしれない」と分析するファンも見受けられます。

というのも同番組は「あぶない交友録」とのタイトルどおり、地上波で大物タレントが展開するにしては、際どいキャストや展開が多く盛り込まれていました。

英語禁止ボウリング対決にしても、コスプレ美女が男性陣にご褒美を与えるという企画そのものが「女性軽視ではないか?」と批判されることがありましたね。

女性たちも心底楽しそうだったので、一概に悪とすることはできない気もしますが、時代錯誤の演出として不快に思う層がいたことは事実なのでしょう。

そういった状況もあり、年号も変わったタイミングで同番組は役割を終えたというのが、制作者サイドの考えなのかもしれません。

スポンサーリンク?